MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
三漁洞(和食/渋谷)|桜丘町の地下でひっそり歴史を刻む名店

三漁洞(和食/渋谷)|桜丘町の地下でひっそり歴史を刻む名店

「三漁洞 (さんぎょどう)」は元クレージーキャッツの石橋エータローさんと、その父・福田蘭堂さんの釣り好きが高じて開いた店。食通の客に愛されている。

三漁洞(最寄駅:渋谷駅)

エータローさんの奥様が割烹着姿で迎え、今も暖簾を守る。看板のぶり大根をはじめ、旬の魚や野菜を使った料理はどれも滋味溢れる旨さで、食通の客に愛されている。

「ぶりと大根の炊き合わせ」
1,296円

旬魚と貝が並ぶ、魚介類の盛合せ(3~4人前)
5,400円

旬魚と貝が並ぶ、魚介類の盛合せ(3~4人前)5,400円

三漁洞
桜丘町

写真:三漁洞の店内

[住所]東京都渋谷区桜丘町2-11 荻野ビル地下1階 ☎03-3461-3344 [営]16時~23時半 [休]日・祝 ※お盆休みは8月14、15日

電話番号 03-3461-3344
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
 豆腐のほかに、揚げ物、近隣の洋菓子店とコラボしたシフォンケーキなど、バラエティ豊かな品揃えを誇る豆腐店。なかでも青森県産の「おおすず大豆」を使った「できたておぼろ」は火・木・金曜の17時頃からしか買えない逸品だ。
更新: 2019-01-23 12:00:00
 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。
更新: 2019-01-22 12:00:00
 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。
更新: 2019-01-21 18:00:00
 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。
更新: 2019-01-20 18:00:00
 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。
更新: 2019-01-19 12:00:00
最新の投稿
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt