MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
レストラン 古陶里|地元益子で愛される洋食の名店の味を(洋食/益子町)

レストラン 古陶里|地元益子で愛される洋食の名店の味を(洋食/益子町)

昭和50年創業の老舗洋食店。築150年の古民家の古材を利用したアンティーク調の店内では、地元の陶芸家、濱田篤哉作の器でコーヒーを愉しむこともできる。看板メニューの「ポークステーキ」レストラン 古陶里 (コトリ)[交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分 ※ランチタイム有

レストラン 古陶里(最寄駅:益子駅)

 昭和50年創業の老舗洋食店。築150年の古民家の古材を利用したアンティーク調の店内では、地元の陶芸家、濱田篤哉作の器でコーヒーを愉しむこともできる。看板メニューの「ポークステーキ」は、那須の三元豚をふっくらと焼き上げ、玉ねぎをベースとしたデミグラスソースでいただく。 「カニピラフ」はカニの旨みとバターの豊かな風味が口に広がる贅沢な味わいだ。

ポークステーキ
1418円

程よい酸味の自家製ドレッシングのサラダと、コンソメスープ、ライス付き

カニピラフ
1948円

ズワイガニを豪快に殻ごと炒める。サラダ、スープ付き

レストラン 古陶里

栃木県芳賀郡益子町益子2072 ☎0285-72-4071 [営]11時~20時 [休]金 [席]3席×1卓、4席×5卓、6席×1卓 計29席 禁煙席なし/カード不可/予約不可/サなし、お通しなし [交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分

電話番号 0285-72-4071
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
更新: 2019-05-21 11:04:47
洋食タケル(洋食/根津)|看板オムライスは2種。ふわとろオムレツをチキンライスにのせたやつと卵で包む王道のやつ。
更新: 2019-01-07 12:00:00
洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。
更新: 2018-12-27 18:00:00
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
更新: 2018-12-27 12:00:00
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
更新: 2018-12-26 18:00:00
最新の投稿
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt