おっさん女子の吉祥寺パトロール(25) 吉祥寺の激安! ワンコイン★ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(25) 吉祥寺の激安! ワンコイン★ランチ選手権、の件

吉祥寺っていうと住みたい街№1という名称がついてまわるけど、地元民だけでなく、いろいろな人たちが毎日のランチの店を求めてさまよっているわけなんですよ。今回は地元で働く人&学生に優しい、ワンコインでランチOKの店を紹介してみようと思います。


吉祥寺の激安! ワンコイン★ランチ選手権、の件


吉祥寺っていうと住みたい街№1という名称がついてまわるけど、吉祥寺で働いている人も多いし、学校もあるから学生もいるわけです。

そうすると地元民よりも、そういう人たちが毎日のランチの店を求めてさまよっているわけなんですよ。

そして一方、オシャレな吉祥寺っていう側面もあるので、女子会ランチ、ママ友ランチなどもキラキラした感じの催しも日々繰り広げられているという……。


そんな吉祥寺のランチ事情ですが、今回は地元で働く人&学生に優しい、ワンコインでランチOKの店を紹介してみようと思います。

イラスト/スタジヲワンツー

バラエティ豊かなメニューとゆったりキャパの居酒屋系ランチ



まず、吉祥寺駅の公園口を出て右手にちょっと歩いたところの雑居ビルにある『居酒屋 I 』。

ここは、まぐろ丼(数量限定)、サーモン丼が500円(税込)! 

でも実は+αでトッピングもできるので、ちょい足ししたい人は、海鮮系の具が足せま~す。

しかもドリンクもついてきて、ワンコイン。

それでドリンクのコップがデカいの。

お得感あります!

定食の場合は、メイン+サラダ+ごはん+味噌汁+ドリンクで700~900円くらい。

女子も、けっこう多いです。

メニューは、しらす丼、海鮮丼などの丼系、塩サバや赤魚などの焼き魚系、唐揚げ、カツなどのがっつり揚げ物系もあります。

女子は魚系を頼み、男子はミックスフライ定食を頼んでいる人が多い様子。

メニューが多くて、何度行っても飽きません。

さらに、ご飯は頼んでもいないのに、基本設定が山盛りです! 

ご飯少なめ希望の人は、事前に申請しとけよ! 

残すなよ! 

先日、私が行ったときには、男子学生集団がどっと入ってきて、先頭にいた男子が「6人!」と元気に申告したあとで、「あっ、俺を忘れた! 7人!」という感じで、グループも大丈夫な店のキャパ!




怪しい佇まいで、謎のヘルシー感も漂う中華系


そして、駅の東口。

線路に沿って歩いて、ここはなんだか怪しいのでは……、という佇まいの中華屋『C街』。

なんとランチが18時まで。

っていうか、単に夜になるとメニューは一緒で、ちょっと料金設定が変わるっていうだけのような気もするが……。

ここは、ラーメン&チャーハンセットが500円(税込)。

お昼はこれを頼んでいる人が圧倒的に多い感じ。


ほかにも定食メニューが5~7種類あるんだけど、だいたい600~800円くらい。

酢豚、レバニラ、エビチリ、肉野菜炒めなどなど。

メイン+スープ+ごはん小さいおかずのセット。

ちなみに私は中華屋に入ると反射的にレバニラ定食を頼む女で、700円(税込)也。


あと「青汁あります」と貼り紙があって、謎のヘルシー感も漂わせています。

ちなみに、某宅配便のドライバーの方々が多く(近くに駐車場があってこの界隈の荷物を積み下ろししている模様)、グループで元気にお昼ご飯を食べていて楽しそう。



単品メニュー300円の中華系居酒屋のワンコインランチはコスパ最高!



そして最後は、駅の北口。

東急デパートの近くの雑居ビルの2Fの『S屋』。

ちなみに店のメニューが全部300円っていう、チェーンの中華系居酒屋です。

ここのワンコインランチは、日替り、マーボー丼、チャーハンとなっていて、そのときの気分でチョイスできるのがいいかも。


ごはんもの+麺の、麺セットも充実。

その他の定食セットは20種類くらいあってこれまたリーズナブル。

酢豚、回鍋肉、麻婆茄子、油淋鶏などなど中華系のおかずは一通りあります。

ちなみに私は条件反射でレバニラ定食……。

ちなみに650円(税込)也。


出てくるのが早いし、美味しいんだけど、なぜか定食セットには、あの乳酸菌飲料のピルクルがついています……。

なぜ、ピルクル……?

おっさんの健康を考えてくれているんでしょうか? 

さらにテーブルに水のポットがって、お冷飲み放題。

あと店も広いので、昼時ど真ん中でもサラっと入れるのがウレシイよね。


いかがでしょうか? 

吉祥寺のワンコインランチ選手権。

お財布が寂しいときにぜひトライしてくださ~い。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

『盛る』といったら、SNSにアップする写真でも、アイメイクでも、面白い話でもない。『盛る』といったら白飯だろ。そんな白いご飯至上主義のおっさん女子とは私のこと。ウキウキの新米の季節が到来したので、今回は吉祥寺の店のごはん大盛問題を考えてみようと思います……。


ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラス-グルメレポートと写真

ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラス-グルメレポートと写真

ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。


品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン


おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

秋の味覚、『いも・栗・かぼちゃ』の季節がやってきました。私は糖質を恐れないおっさん女子なので、いも・栗・かぼちゃは、なんの迷いもなくガンガン食べます(笑)。 そんな私が考える、吉祥寺で『いも・栗・かぼちゃ』のおすすめスイーツ店といえば……。


最新の投稿


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


ランキング


>>総合人気ランキング