心も体もほっこり温まる!冬のあんこおやつ【浅草編】(和菓子/浅草)

心も体もほっこり温まる!冬のあんこおやつ【浅草編】(和菓子/浅草)

ぜんざい、お汁粉、たい焼き、団子……ぜ~んぶ食べたい!浅草は、あんこおやつの天国です!浅草寺の門前町として栄える浅草には”あんこおやつ”の名店がズラリ。歴史と職人気質に裏打ちされた奥深い甘さを体感すべく、いざ、浅草へ!!


変わるのも、変わらないのもともに「伝統」

 はじまりは飛鳥時代の628年と、東京で最も古い歴史を持つ浅草寺。その門前町である浅草には、江戸時代から参拝客に餅や団子、汁粉などを振る舞う茶店が多く軒を連ねていたという。いまもその数は両手に余るほど。脈々と伝統を受け継ぐ、東京最古の“あんこおやつの天国”と言えるだろう。

甘味処の『浅草梅園』もそうした店のひとつ。


安政元年(1854年)の創業で、もとは浅草寺の末寺、梅園院内の茶店だった。名物の「粟ぜんざい」は、粟(あわ)と名がつくものの、使っているのはもち黍(きび)。戦後、粟の生産が減ったため、比較的手に入りやすい黍に代えたのだそう。名前だけ、昔馴染みの“粟ぜんざい”のまま、というわけだ。

あわぜんざい 777円


蒸されてモチッとした黍の餅に熱々濃厚なこし餡がたっぷり。ふたつの食感が口中で混ざり合った時の、素朴ながら官能的なハーモニーときたら……本来の粟の味はもはや想像するしかないが、黍は黍で、文句なしに絶品である。

浅草梅園 本店(ぜんざい/浅草)|老舗ならではのしっかり甘い正統派の味

https://matomeshi.jp/articles/2249

 名物の粟ぜんざいが、いつからあるのかは、「史料が震災や戦争で焼けてしまったのでわからない」(営業主任の板谷厚昭さん)が、「先代が試行錯誤しながら作り上げた」というから、“元祖”であるのは確かだろう。 ※ランチタイム有



時は下って明治36年(1903年)。奥浅草で創業したのは『デンキヤホール』

もともと電気屋だったことから、この名がついた。こちらの名物が「ゆであずき」。聞きなれない名だが、関東では江戸時代からあるポピュラーな甘味だそう。簡単に言えば、粒のまま甘く煮た小豆を薄くのばしたホットドリンク。

名物ゆであずき 500円

餅の入っていない田舎汁粉とでも言えようか。昔は家庭でも作られ、同店でも創業時からの定番メニューだったが、いつしか作る家庭も店もなくなり、結果的に“ゆであずきといえばデンキヤホール”と言われるほどの名物になった。

 グラスの底に沈んだ小豆をかき混ぜつつ、上澄みをズズッとすすってみれば、上品な甘さの中に、しっかり自己主張してくる塩気。甘味も人生と同じで、ただ甘いだけじゃつまらないのだ。

100年前から愛され続けるあんこスイーツ|デンキヤホール(喫茶店/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/2250

創業は日露戦争の前年。元々は電気屋だが、いざとなっても女性だけで商いができるよう、喫茶も併業したのがルーツ。 ※ランチタイム有

味の違いはやっぱり餡にあり!

 たい焼きやどら焼きなど、気軽に食べられるあんこおやつも、浅草には目白押しだ。浅草の2大たい焼き専門店のひとつ『浅草浪花家』は、麻布十番の本店で修業した店主が、母親の実家がある浅草に暖簾を掲げたのが始まり。

たい焼きセット 500円

十勝産の小豆を2日に1回店で炊くこだわりの餡は、日本茶インストラクターの妻が選ぶお茶と相性抜群。「たい焼きセット」として店内で楽しめる。

絶品たい焼きは時間をかけて作った自家製の餡と薄パリ皮|浅草浪花家(たい焼き/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/2251

店主の安田亮介さんは、麻布十番の「浪花家総本店」で5年間修業。自慢は本店ゆずりの餡。 ※ランチタイム有



もう1軒の『たい焼 写楽』は、路地裏の小さな名店。

たい焼 160円

うっかり見過ごしがちだが、その餡の味は1度食べたら忘れられない。ほのかに感じられる塩気が甘さに奥行きを与えている。職人気質の店主の腕が冴える逸品だ。

「たかがたい焼き、されどたい焼き」が信条。|たい焼 写楽(たい焼き/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/2252

浅草生まれの店主が焼くこだわりのたい焼き、地元で洋品店を営んだ後、某たい焼き専門店で修業を積んだ店主の吉野喜一郎さん。こだわりは、その時々で良い物を厳選する小豆。 ※ランチタイム有

 なお、どちらの店も、1匹ずつ丁寧に焼き上げる“一丁焼き”(天然ものとも言う)がウリ。機械で4〜5匹を一度に焼く“養殖もの”に比べ、皮が薄くパリッと仕上がるのが特徴だ。


 カステラ風の丸い生地にあんこを挟むどら焼きは、明治の末に大流行したという。浅草でも売る店は数多あるが、横綱といえば雷門前の『亀十』だろう。

どら焼き 325円

職人技がものをいう焼きムラは食欲をそそり、食べればフワフワとパンケーキのような軽い食感、そして期待を裏切らないしっかりと甘いあんこ……まさにがぶり寄られるうまさだ。

開店と同時に行列、並んでも絶対に食べたいどら焼き|亀十(どら焼き/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/2254

90年以上の歴史を持つ老舗。目当ては開店と同時に行列ができる1日約3000個売れるフワ甘食感のどら焼き。



 あんこをたっぷり乗せた餡団子もお忘れなく。浅草寺本堂近くの『よ兵衛 本店』の餡は、控えめな甘さで、ざっくりとした小豆の皮の食感が楽しい。

団子 各150円

栃木県産コシヒカリを使った、モチッと弾力のある団子が、餡の旨さを引き立てている。

極ウマの団子は甘さ控えめ何本でもいける|よ兵衛 本店(団子/浅草)

https://matomeshi.jp/articles/2253

創業は31年前、生粋の浅草っ子である女将の竹山智子さんが、揚げ餅と団子の店を開いたのが始まり。若い人や外国人にも人気の団子は栃木県産のコシヒカリを玄米から挽いて搗いているのでコシが強い。 ※ランチタイム有

 さて、次はどこへ行こうか。ただし、歩きながらの“ながら食べ”はご法度。マナーを守って、あんこおやつ巡礼の旅を、ゆるりとお楽しみあれ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


辛くて旨い担々麺!東京都内の『担々麺専門店』おすすめ8店!

辛くて旨い担々麺!東京都内の『担々麺専門店』おすすめ8店!

担々麺に特化した専門店がじわじわ増加中。汁あり、汁なしの定番の担々麵をはじめ、夏にぴったりの冷やしメニューなど個性豊かな東京都内の担々麺をたっぷりご紹介します!  エリア:西新井/神田/芝公園/虎ノ門/新橋/銀座/大久保/湯島 ※ランチタイム有


貝類、自然薯、馬肉…目下急増中!一点突破の専門店の実力を探る!

貝類、自然薯、馬肉…目下急増中!一点突破の専門店の実力を探る!

ある食材や料理に並々ならぬこだわりを持つ専門店が都内に急増中。でもその実力はどうなのよ? 定番から既成概念を打ち破る味まで”○○尽くし”の店をライター肥田木が突撃。優良店を紹介します!


洋食から食パンまで!1点豪華主義店のこだわりバトルロイヤル6店(東京)

洋食から食パンまで!1点豪華主義店のこだわりバトルロイヤル6店(東京)

ひとつの食材や料理など1点豪華主義の店、いわゆる専門店の出店が花盛り。1品勝負だからこそ並々ならぬこだわりがヒシヒシ伝わってきます。今回は洋食から食パンまで誌面で競演!店主の熱い想いが炸裂する自慢の味をその舌で確かめて!


食べるべき傑作鍋!海鮮鍋vs肉鍋実食バトル(鍋/東京)

食べるべき傑作鍋!海鮮鍋vs肉鍋実食バトル(鍋/東京)

今年はこれを食べたい!鍋の季節、まっただ中の今。食べるべきは、店舗ならではの傑作鍋!趣向を凝らした海鮮鍋&肉鍋を厳選しました。さて、アナタはどこから食べに行きますか!?


覆面大調査!地方発と海外発どっちが美味しい店が多い?!

覆面大調査!地方発と海外発どっちが美味しい店が多い?!

続々と東京へ上陸している海外の飲食店。しかし、今それ以上に勢いがあるのが、地方で人気を集めている店。そこで、東京に初上陸して美味しい店が多いのは海外か地方か覆面調査。勝つのはどっちだ!?


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


ランキング


>>総合人気ランキング