エリア: 東京都

「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語るいい店・悪い店!

「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語るいい店・悪い店!

日本人の大好きな2大甲殻類、エビ、そしてカニ! ここでは取材記事では書けない裏側やガチンコ覆面調査の様子も、ぶっちゃけトークでしゃべります。


「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語る いい店・悪い店!

 日本人の大好きな2大甲殻類、エビ、そしてカニ! ここでは取材記事では書けない裏側やガチンコ覆面調査の様子も、ぶっちゃけトークでしゃべります。メンバーは、エビ担当のライター松岡芙佐江(以下、松)と市村幸妙(以下、市)、そしてカニ担当は、飯田かおる(以下、飯)と菜々山いく子(以下、菜)。さらには女4人に囲まれて、肩身の狭い編集戎 誠輝(以下、戎)の計5名でお送りします。

エビへの愛が溢れる
ガサエビにキュン♥

飯「実はね、今回の企画の話を訊いた時、『カニ料理の店なんて邪道っ!』って思ってたんですよね。北海道出身だから、カニは“ゆで”こそ至高。しかも、家で食べるもんだろうと」

戎「へえ、ゆるふわ系の見た目のワリにガンコなんですね。そんで、色々な店で食べてみてどうでした?」

飯「それぞれのカニの特性をキチンと活かしている店が多くて感心しました。タラバやズワイはやっぱりシンプルに楽しむものだし、渡りガニはダシが出るのでパエリアやリゾットに。オスとメスでも味わいや調理法が異なったりするのも面白いなって。こんなに幅広い楽しみ方ができるのはカニならでは!」

松「いやいや、そんなことはないですよ。エビの胴を生で食べた後、頭を唐揚げにしてくれた店もあったし。オマールなんかは、オスとメスで食感が違って、その上、ハサミの部分も食べ応えがあるから二度美味しい」

市「そうそう、エビはなんと言っても種類が多いしね。車エビ、甘エビあたりは定番だけど、他にもウチワエビ、ボタンエビ、白エビ……他にも超珍しいガサエビとかね。ガサエビなんて、寄り目で顔が超カワイイの!」

戎「カワイイですか? アレ。ボクには、プレデターにしか見えないんですけど」

写真:幻のガサ海老の塩焼き

飯「カニだってタラバ、ズワイ、毛ガニだけじゃなくて、世界一甘いカニと言われているディープシーレッドクラブとか、アサヒガニ、モクズガニ、上海ガニ、マッドクラブとか、実は東京周辺でもいろんな種類が食べられるんだから」

市「マッドクラブ……、ナニその凶悪そうなカニ。超怖い」

飯「マッドって泥! 泥のなかに住むカニ。すっごく上品な味だよ」

松「でも、カニよりエビの方が断然いいトコロは、なんと言っても食べやすさでしょ。無言になっちゃうことないもん」

菜「え〜、それ昔の話だから。今は大抵の店で、食べやすいように、包丁入れてくれたり、むいてくれたりしたよね?」

飯「うん、ほとんどはね。でも、そういう手間をあえてかけないで、安く出してる店もあったよ」

松「ドコそれ?」

飯「歌舞伎町の『上海小吃』って店なんだけど、蒸上海ガニが1匹1620円!」

市「やっす‼」

写真:上海小吃 蒸した上海蟹(一匹)

飯「それもね、中×飯店(注※上海ガニ料理で有名な高級店)と同じ仕入れ先のカニを使っているんだって!」

菜「中×飯店ていえば、確か1匹4千円くらいしたと思うけど。昔デートで連れてってもらったなあ(遠い目)」

飯「そうなの! それと同じモノがほぼ3分の1の値段で食べられるなら、自分でむくよね」

松「むく、むく。たとえ、爪が割れようともむきまくる」

カニカマに軍配!
専門店のタラバに不満

戎「ええっと、エビ組と、カニ組が和解したようなので、ここでそろそろ覆面調査で出合った残念な店について話し合いましょうか」

菜「はーい、じゃあまずはワタクシから。吉祥寺の『T』って店なんですけど、タラバカニの刺身が生臭かった〜。なんならカニカマのほうが断然美味しい。その後出されたタラバガニの鍋も、身は大きいけど旨みも甘みも全然なかったなあ。カニ専門店なら、もっとこだわってほしい!」

松「エビではそこまでマズいのはなかった。ただ、とある老舗の洋食店『H』に行った時、2500円のソコソコ高い車エビのフライを頼んだんだけど、店員さんが『アラ、今日のは小さいですね』だって。いらんことを言うなと(笑)」

飯「私は、半蔵門の『P』かな。カニカレーがあるって訊いて、行ってみたんだけど、ルウの横に小さいカニ肉がポロンって乗っているだけ」

菜「ソコ、知ってる。王道のビーフとかポークとか美味しいじゃん」

飯「そうなの! ルウは美味しいの! でもなぜ唐突にカニをのせた? と。ルウと一緒に食べると、カニ感ゼロだし」

松「あとは、大手町の『E』かな。味もイマイチだったんだけど、オマールエビを注文すると、記念撮影してくれるってサービスがあってね」

市「そのサービス、ビミョーすぎる(笑)」

松「ホントだよ! シラフで真顔の三十路オンナと、活きたオマールのツーショットなんて、ちょっとしたホラーだよ! もちろん撮りませんでした」

飯「あと、カニだとお通しでゆでガニが出てくる店も何軒かありましたよ。しかも美味しくて量もたっぷり。おおっ、これは期待できるぞと思いきや、他の料理が可もなく不可もなくって感じで、お通しが最高潮だったというね」

菜「私もあった! 新橋のとある店は、お通しが毛ガニ。しかも二人で丸ごと1匹出てきて感動したんだけど、他には3種類くらいしかカニ料理がなくて、尻すぼみだったかな。店名に『蟹』ってついてたから、もっとあるかと思ったんだけどね」

エビ派も認めた!
ズワイガニのお通し

戎「え〜と、だいぶ盛り上がっているようですが、今回取材した店の、記事には書ききれなかった裏話なんかをお聞かせ願えればと……」

市「今回取材したなかでもナンバー1は三軒茶屋の『DobuRoku』ですね! 店主が自分で北海道を歩き回って、漁協とコネクションをつけているんですって。産地直送のものが多くて、鮮度も抜群だし、エビの種類も豊富。エビ好きならゼッタイ行ってほしい! 年内いっぱいは、刺身でも食べられる北海道羅らうす臼産ズワイガニ足の籠蒸しを、お通しで出しているの。エビばっかり食べていたから、余計に美味しくて」

菜「ほら、カニも美味しいでしょう」

市「うん、ちょっとカニ組がうらやましくなった(笑)

写真:DobuRoku 名物 海老丼 いくらのせ

松「天然モノの特大車エビなら、『菩提樹 水道橋店』でもフライで食べられるよ。しかもこっちは30センチ! エビフライ1本で、こんなにお腹いっぱいになれるのかってほどのボリューム。余談だけど、ここはハンバーグも美味しいんだよね。さらに余談だけど、すぐ近くに『かつ吉』って姉妹店があるんだけど、ここは三島由紀夫もよく来ていた店だから!」

戎「力強く言われてもあんま、カンケーないですけどね」

松「ですよね、それは認める」

写真:菩提樹 天然特大海老フライ定食

飯「私としては、この時期限定の上海ガニはぜひ食べてほしい。『東京チャイニーズ 一凛』は、夜は基本的にコースがおすすすめだけど、お決まりじゃなくて、かなりフレキシブルに対応してくれるから、例えば上海ガニの麺料理が食べたいとか、カニミソは煮込みに……とか、どんどんリクエスト&相談すべき。上海ガニはさっき話した『上海小吃』と同じく、最高級とされている蘇州の陽澄湖産を使っているんですよ」

写真:東京チャイニーズ一凛 酔っぱらい上海蟹 紹興酒漬け

菜「カニの味わい方で面白かったのが『日本橋 かに福』の『つめ酒』かな」

市「なんですか!?それ?」

菜「炙ったカニの爪に熱燗を注いだフグのヒレ酒みたいなものだよ。ヤバいからコレ。激ウマだから‼ 自宅でカニをお取り寄せしたら、ゼッタイやった方がいい」

写真:かに福 つめ酒

戎「この座談会で、ボクの出番がほぼなかったんですけど、最後にぜひ言わせてください」

全員「どうぞ、どうぞ」

戎「やっぱり、流通や冷凍技術の発達をまざまざと感じました。東京に居ても全国各地の新鮮なエビやカニを食べられるし、冷凍物だって生と変わらないクオリティ。この取材ではその点についても感心し通しでした」

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


カニ エビ 覆面座談会

関連する投稿


殻ごとバリバリ!魅惑のエビ唐揚げ|新錦江(四川料理/横浜中華街)

殻ごとバリバリ!魅惑のエビ唐揚げ|新錦江(四川料理/横浜中華街)

「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有


DobuRoku(えび料理/三軒茶屋)|すべて漁場から産地直送!幻のエビに出合える(えび料理/三軒茶屋)

DobuRoku(えび料理/三軒茶屋)|すべて漁場から産地直送!幻のエビに出合える(えび料理/三軒茶屋)

さまざまなスタイルの料理で活きるエビ・カニの懐深さに惹かれた店主がオープンした「DobuRoku(どぶろく)」。エビは北海道産を中心に、ゴジラエビ(春期)など希少なものを抜群の鮮度で提供。料理は和だけでなく、洋食メニューも取り揃えている。[アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩3分


魚料理 遠州屋|店主の目利きが光る新鮮なウチワエビを生・焼・鍋で食す(魚介料理/浅草)

魚料理 遠州屋|店主の目利きが光る新鮮なウチワエビを生・焼・鍋で食す(魚介料理/浅草)

「三ツ星エビ料理和食編」特集掲載店、「魚料理 遠州屋 (さかなりょうりえんしゅうや)」は希少な天然のウチワエビをさまざまな調理法で堪能できる店。長崎県平戸の漁協から航空便で送られてくるウチワエビは、供される際にまだ動いているほど新鮮だ。[アクセス]地下鉄銀座線田原町駅2番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有


1か月の覆面取材でわかった”ワインはお気楽に"がベスト

1か月の覆面取材でわかった”ワインはお気楽に"がベスト

安くて美味しくワインが飲める店。デイリーで飲みたい1000円未満のワインなど、気負わず、晩酌的にワインを楽しむことを提案した今回の特集。覆面取材を通して感じたことを、最後にざっくばらんに大放談!


昭和のご馳走「ハンバーグ・オムライス・ナポリタン」ぶっちゃけ覆面座談会!

昭和のご馳走「ハンバーグ・オムライス・ナポリタン」ぶっちゃけ覆面座談会!

昭和のご馳走覆面ルポ!「絶品!」から「ムムム」まですべて書きます。ここではハンバーグ・オムライス・ナポリタンの元祖店から人気店までひたすら食べ歩いた編集武内とケチャップLOVEのライター肥田木奈々が調査の裏話をガチンコトークいたします。


最新の投稿


撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

2019年には、走り始めて40年というSLやまぐち号。SLやまぐち号が走るのは、その名の通りほとんどが山口県。しかし停車駅のうち終点の津和野駅だけが島根県に入ります。この津和野駅に行ったとき、SL運転日にしか食べられない、さくさくの「源氏巻」を楽しみに、必ず寄る和菓子屋さんがあります……。


名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

アラフィフとなった今、ふんわりとした食感よりも、歯ごたえのある肉々しいハンバーグを求めるようになった。しかし、“肉汁信仰”ともいうべき今のグルメ界では、これがなかなか見つからない。あきらめかけていたころ、栄4丁目にある『shiosai』で私の理想とするハンバーグに出会ってしまったのである……。


みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

 居酒屋の名店が軒を連ねるこの界隈でも、とりわけウマい魚料理を出す、私の海鮮市場的な店がこちら。店主自ら築地市場に足を運び、確かな目利きで仕入れる魚は新鮮で質の高いものばかり。


魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

 正確には刺身は“鮮”魚ではない。左写真奥に見えるサバのヅケや中央のヒラメの頬こそ初日のものだが、他は2日~8日ほど寝かせて提供される。


魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

料理の見た目は豪快なのに、丁寧な仕事と繊細な味わいを酒とともに楽しめると評判の人気店『青天上』。1号店の焼き鳥店を三ツ星店として取材したのは開店した2014年。


ランキング


>>総合人気ランキング