[焼肉しみず]の記事|予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)

[焼肉しみず]の記事|予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)

衝撃が走ったと言っても過言ではない。「焼肉しみず」の黒毛和牛のタンを味わった時のことだ。[交通アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩3分


焼肉しみず(最寄駅:不動前駅)

[焼肉しみず]の牛タンは分厚いのにサクッと噛み切れるほど絶妙なやわらかさ! ひと切れ1500円と値は張るが、それだけ価値ある名物なのだ。 旨さの秘密は丁寧にトリミングした黒毛和牛の生の黒タンの芯のみを提供しているから。炭火の上で転がすようにじんわり焼き、表面がパンパンに張ってきたら食べごろ。ほかにも繊細な旨みの「田村牛」の処女雌を主に使用し、部位により2~3週間熟成をかけた希少部位の赤身が1枚から注文できる。鮮度抜群の上ミノなども大人気。

厚切り黒毛和牛タン 1500円

炭火でじっくりと焼き、仕上げに強火で表面をカリッと焼き上げる。中はロゼ色のミディアムレアで、実にジューシー。迷わずかぶりつけ!

おまかせ盛り(部長4種盛り) 2800円

写真はミスジやザブトンなど。雌牛は融点が低く、口の中でとろけるようなスッキリとした甘みがある

ガツポン酢 580円

茹でた牛ギアラ(胃袋)にニンニクや唐辛子などを入れた自家製ポン酢をかけたもの。サッパリとしてつまみに最高

東京都の焼肉に関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca32

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

焼肉しみずの店舗情報

写真:焼肉しみずの店内

[住所]東京都品川区西五反田4-29-13 TYビル2階 [TEL]03-3492-2774 [営業時間]17時~24時(23時LO)、日・祝17時~23時(22時LO) [休日]月 [席]テーブル36席、計36席/禁煙席なし/予約可/カード可(VISA・MASTERのみ)/サなし、お通し400円別 [交通アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩3分

電話番号 03-3492-2774
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


『とん長』のモツ焼きは鮮度の良さが段違い!池袋でこの道50年の実力

『とん長』のモツ焼きは鮮度の良さが段違い!池袋でこの道50年の実力

創業から半世紀以上のモツ焼きの老舗。毎日仕入れる新鮮な豚モツを炭火で香ばしく焼き上げる。


東京駅の行列ができる韓国料理店!チゲを食べれば韓国料理観が変わる!?

東京駅の行列ができる韓国料理店!チゲを食べれば韓国料理観が変わる!?

KOREAN 水刺間(韓国料理/東京)「韓国料理はどこも似たりよったり」と言う人に、こちらのチゲや純豆腐をぜひ食べてもらいたい。「韓国の宮廷料理がベースなので、辛みより旨みが主役です」と、店長の野中さん。


大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。


[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)

[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)

[焼肉ホルモン 青一(あおいち)] 炭火の上でジュウジュウと音を立てる霜降り肉を、湯気の上がるご飯と共に頬張るド直球のウマさに悶絶必至!A5ランク黒毛和牛のメス牛のみを使用する実力店が追求したのは、焼肉とご飯のマッチングだ。[交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか青山一丁目駅3番出口から徒歩3分


旬|全国60種類の純米酒飲み放題を牡蠣でいくか和牛で攻めるか!?(居酒屋/六本木)

旬|全国60種類の純米酒飲み放題を牡蠣でいくか和牛で攻めるか!?(居酒屋/六本木)

「日本酒フリーフロー」、こちらの飲み放題の名前だが、2ヶ月単位で入れ替えるというリストを見れば、北海道から沖縄(!)まで、全60種類の日本酒が揃う。日本酒はモダンとクラシック、ライトからフルボディと縦軸・横軸で6タイプに分類されているので、好みをいろいろ試しやすい。


最新の投稿


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


ランキング


>>総合人気ランキング