ヤミツキ必至!老舗が守る秘伝の辛タレ|玄風館 龍 恵比寿店(焼肉/恵比寿)

ヤミツキ必至!老舗が守る秘伝の辛タレ|玄風館 龍 恵比寿店(焼肉/恵比寿)

 博多で60年以上続く老舗が昨年末、恵比寿に新店をオープン。店の代名詞とも言えるのが、数十種類もの食材や香辛料をブレンドし、熟成を重ねた門外不出の辛タレ。


玄風館 龍 恵比寿店(最寄駅:恵比寿駅)

辛さのチョイスは甘口から激辛口まで5段階あり(4段階以上は+324円)、好みでそれ以上をリクエストすることも可能。香ばしく焼かれた肉を頬張れば、フルーティーな甘みと奥深いコクが広がり、後から刺激が津波のように押し寄せる。ただ辛いだけではない! タレと合わさることで進化した肉の旨みや風味を堪能したい。

龍ロース 1058円(千代辛口+324円)

辛さは5段階中4段階目のタレで、甘みを感じたあと、まろやかな辛さが舌を包む

特上カルビ 2138円

上質な黒毛和牛のバラ肉。味つけはシンプルな塩味もある

テールスープ 1080円

珍しいピリ辛仕立てで、スープのコクがきわ立つ

海老寿団子 1080円

プリッとしたエビの食感を楽しめる恵比寿店の名物

東京都の焼肉に関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca32

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

玄風館 龍 恵比寿店

東京都渋谷区恵比寿南1-4-7 シェルブルー 4階 [TEL]03-6303-1529 [営業時間]17時~翌1時(24時LO)、金•土は17時~翌4時(翌3時LO) [休日]無休 [席]テーブル45席、8名用個室1室 計53席/喫煙可/予約可/カード可/コース以外はサ5%別/[交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分

電話番号 03-6303-1529
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


これぞ韓国焼肉!池袋の『万世家』は一品料理もレベル高し!

これぞ韓国焼肉!池袋の『万世家』は一品料理もレベル高し!

カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。


唐揚げとレモンサワーが名物!『らんまん食堂 恵比寿店』

唐揚げとレモンサワーが名物!『らんまん食堂 恵比寿店』

唐揚げとレモンサワーが名物の店。両者が合わないワケがない!


『博多うどん酒場イチカバチカ 恵比寿店』のレモンサワーは薄まらない優れもの!

『博多うどん酒場イチカバチカ 恵比寿店』のレモンサワーは薄まらない優れもの!

凍結したノンワックスレモンを丸1個使う、サワーが薄まらない優れもの。お酒は焼酎かウォッカから選べるのもうれしい。


恵比寿で飲める!シャリッとした味わいがタイ料理にマッチするレモンサワー!

恵比寿で飲める!シャリッとした味わいがタイ料理にマッチするレモンサワー!

「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。


軽やかな酸味でグイグイ飲める恵比寿『魚屋きいもん』の生レモン割!

軽やかな酸味でグイグイ飲める恵比寿『魚屋きいもん』の生レモン割!

生搾りのレモン果汁が入った「生レモン割」(486円)のジャンボサイズが「ジャンレモ」。片手で持つのがやっとのボリューミーな一杯は1ℓサイズだが、軽やかな酸味でグイグイ飲める。


最新の投稿


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


ランキング


>>総合人気ランキング