MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
リーズナブルに焼きや丼で神戸牛をがっつり食べられる!|新泉(焼肉/神楽坂)

リーズナブルに焼きや丼で神戸牛をがっつり食べられる!|新泉(焼肉/神楽坂)

銘柄牛のトップブランド・神戸牛を一頭買いし、ランチでもA5ランクのみを提供……と聞けば懐具合が心配になるが、「焼き肉御膳」の値段を見ると驚きの価格! 細やかなサシが入ったカルビやロースは、見るからに美しい逸品だ。

新泉(最寄駅:牛込神楽坂駅・飯田橋駅)

「儲けはありませんが、本物の神戸牛の美味しさを知るきっかけになってもらえれば」。そう話すマネージャーの加納さんは和食の板前出身。隠し味に味噌を使うハンバーグやタンシチュー、継ぎ足しのタレで作る神戸牛のチャーシュー丼といった、和の技術を生かしたメニューも人気を呼んでいる。モダンな設えの店内には、神戸牛品評会の賞状など牛の出自がわかる提示がズラリ。最上級の牛だけを仕入れられるのも、川崎で50年続く焼肉の名店『食道園』の系列と聞けば合点がいく。

焼き肉御膳
1500円

部位はバラ(カルビ)、モモ(ロース)など日替わり。口に入れた瞬間に広がる脂の旨さはもちろん、「神戸牛は焼いているときの香りから違う」とのこと。ダシを利かせた味噌汁や小鉢も手抜きなしの美味しさ

神戸牛チャーシュー丼
1080円※土・日・祝は1296円

肩ロースやスネなどの塊肉を丁寧に炊き、醤油ベースの秘伝ダレで煮付けた自慢の一品。驚くほど柔らかな歯応えで、濃厚なタレの味がご飯と最高に合う。チャーシューの煮汁の旨みをたっぷりとしみ込ませた半熟煮卵も名脇役だ

新泉

■『新泉』
[住所]東京都新宿区神楽坂5-32 八潮ビル1階
[TEL]03-5225-1616
[営業時間]11時半~14時LO、(土曜日・日曜日・祝日:11時半~14時半LO)、17時~22時半LO、※ランチタイム有
[休日]年末年始
[座席]カウンター10席、テーブル32席、個室10席 計52席/昼は全席禁煙/カード可/予約可/お通しなし、夜はサ5%別
[アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩2分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分

電話番号 03-5225-1616
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
320views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt