MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
俺の肉(焼肉/神田)|神田の路地裏で焼肉の名店発見!メディア初登場の激旨肉

俺の肉(焼肉/神田)|神田の路地裏で焼肉の名店発見!メディア初登場の激旨肉

俺の肉の店名の由来は「お客さんが『それ俺の肉ッ!』と奪い合うほど旨い肉を提供したい」という店主・木村さんの思いから。フレンチの肉料理担当で牛やジビエなどあらゆる食材を扱ってきた経験を生かし、焼肉店で修業した末に独立を果たした実力派だ。

俺の肉(最寄駅:神田駅)

繊細な仕込みを施した美しい赤身を見れば、ひと目でその職人技が分かるだろう。「絶対に手を抜かない」と力を込めるのは仕入れ。サシの入り方や筋肉の繊維などを見極め、主に黒毛和牛A5ランクの口当たりまろやかな仙台牛を厳選している。とりわけモモ系など赤身の希少部位にこだわり、冷凍保存は一切しない。まずは肉を知り尽くした店主自慢の「デラックス盛り」を。気の合う仲間と「俺の!」「私の!」と奪い合って。

デラックス盛りハーフ
(400g)6500円

その日おすすめの赤身肉と霜降り肉を6~7種類ほどバランスよく組み合わせた看板メニュー。写真はシャトーブリアンやリブ芯など

本日のおすすめ部位(クリ)
1480円

腕部分の希少部位。濃厚な赤身の旨みと歯切れの良い食感が魅力

和牛ユッケジャンクッパ
750円

リブロースなどの端材を使った人気の〆。自家製コチジャンで絶妙な旨辛味に仕上げている

俺の肉

■『俺の肉 神田』
[住所]東京都千代田区内神田3-15-10 東海神田ビル1階
[TEL]03-3255-1129
[営業時間]17時~23時半(23時LO)、土曜日・日曜日・祝日:17時~22時半(22時LO)
[休日]年中無休
[座席]カウンター4席、テーブル23席、計27席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し250円別
[アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩1分

電話番号 03-3255-1129
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt