[ホルモン千葉]の記事と写真|濃厚ホルモンにノックアウト(渋谷)

[ホルモン千葉]の記事と写真|濃厚ホルモンにノックアウト(渋谷)

京都の人気店[ホルモン千葉]が2016年7月9日に東京渋谷に初上陸。斜めに置かれた特製の鉄板でスタッフが焼き上げるカウンタースタイル。[交通アクセス]はJR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩約10分


ホルモン千葉 渋谷店(最寄駅:渋谷駅)

コク塩と黒ダレが味の決め手濃厚ホルモンにノックアウト

 オリジナリティあふれる濃厚ホルモンが楽しめる。初めて訪れるなら、「千葉のコース」(1人前2800円)を注文したい。ニンニクを利かせたコク塩ダレでマルチョウやアブタンなどを堪能したら、お次は濃厚な黒ダレ。特に脂身たっぷりのホソとの相性の良さは超弩級で酒が進むことこの上ない。締めの玉(うどん又はそば)も絶品だ。最後まで脳天を突き抜けるような旨さの連続で、感動すること間違いなし。

千葉のコース 2800円

黒ダレで焼くのはアブシン(心臓)、ホホニク(コメカミ)、ホソ(小腸)、アカセン(第四胃)。味噌と数種類の砂糖、洋風ソースをブレンドした黒ダレは濃厚かつ複雑な旨みがある

コク塩

コク塩は赤(中落ち)、マルチョウ(小腸)、アブタン(豚舌)、タンコリ(喉)、ツナギ(首)の5種類。名脇役の細モヤシはシャキシャキの歯応えでお替わり自由

うどん

京都では客の6割以上がうどんを頼むそう

ホルモン千葉 渋谷店

東京都渋谷区宇田川町37-12 [TEL]03-3485-3257 [営業時間]17時~23時LO [休日]日(月が祝日の場合は日営業、翌月休) [席]カウンター14席 計14席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩約10分

電話番号 03-3485-3257
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925


”ちょうどいい”サシの牛肉は噛むと旨みがジュワッ!奥渋谷『PEKO CISE』

”ちょうどいい”サシの牛肉は噛むと旨みがジュワッ!奥渋谷『PEKO CISE』

近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

愛をテーマとした蔵書は400冊。「セカンドキャリアを考えた時に、幅のある人になってほしい」と、ホストに本を読ませる様々な取り組みをしていたホストクラブ経営者・手塚マキ氏が、「ホストだけではなく、一般の人にも気軽に来てもらえるような、本屋とカフェを併設させたサロンを」とオープンさせた。


[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内]のグルメ記事と写真のページ。創業明治22年の老舗でお寿司、というと敷居が高そうに聞こえるけど、平日昼は1080円から本格江戸前握りのセットが食べられる穴場。気軽なテーブル席もいいが、より優雅に味わいたいなら白木のカウンターへ。[アクセス]丸の内オアゾ6階


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング