[あまがさき ポッサムチプ] 神戸の焼肉名店の真髄を尼崎で堪能(焼肉/阪神尼崎)

[あまがさき ポッサムチプ] 神戸の焼肉名店の真髄を尼崎で堪能(焼肉/阪神尼崎)

[あまがさき ポッサムチプ] のグルメ記事と写真のページ。JR兵庫駅のほど近く、関西の焼肉好きなら知らない人がいないといわれる名店『ポッサムチプ』。その姉妹店が尼崎に誕生した。[交通アクセス]阪神尼崎駅北口から徒歩2分


あまがさき ポッサムチプ(最寄駅:尼崎駅)

神戸の名店のDNAを受け継ぐ焼肉の真髄を尼崎で堪能できる

オーナー自身がポッサムチプに約10年、1年に50回以上も通いつめた熱狂的ファン。つまり好きすぎて自分で店を持つに至ったというから驚きだ。こちらも島根県の松永牛など共通のルートで仕入れる国産黒毛和牛をはじめ、様々な味付けで多彩な部位を楽しめるコースなど、本店をしっかりとリスペクト。自家製の燻製醤油や燻製オリーブオイルなど、肉の旨みを際立たせる尼崎店ならではのアイデアも光っている。

くらした火肉山 100g1600円~(写真は500g)

焼き網を覆うほど大きな1枚肉は、その立ち姿から”かざん”の名がついた名物メニュー。部位や銘柄は仕入れにより変わり、この日の松永牛はおからやもろみを飼料に加えて飼育。旨みや口溶けのよい脂、肉の柔らかさなどが魅力だ。お客の約7割が注文するコースでは肉のラストを務め、ご飯が進むタレ焼きで供される

ハネシタ 1728円

仕入れで変わる黒板メニューから。どちらも脂ののった部位ながら、さっぱりした甘みの近江牛は、しつこさがゼロ。わさび塩で味わいたい

ミスジ 1728円

あまがさき ポッサムチプの店舗情報

兵庫県尼崎市神田北通1-7-1 阪神尼崎駅前第29ビル9階 [TEL]06-6423-7998 [営業時間]17時~23時(22時半LO) [休日]木 [席]テーブル6席×4卓、4席×4卓、掘りごたつ6席×2卓、VIP個室8席 計60席/全席喫煙可/カード可/予約可/サなし、お通しなし [交通アクセス]阪神尼崎駅北口から徒歩2分

電話番号 06-6423-7998
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


東京駅の行列ができる韓国料理店!チゲを食べれば韓国料理観が変わる!?

東京駅の行列ができる韓国料理店!チゲを食べれば韓国料理観が変わる!?

KOREAN 水刺間(韓国料理/東京)「韓国料理はどこも似たりよったり」と言う人に、こちらのチゲや純豆腐をぜひ食べてもらいたい。「韓国の宮廷料理がベースなので、辛みより旨みが主役です」と、店長の野中さん。


京都市内 [ジャンボ 焼肉] 3選!グルメライターが見つけた焼肉店!

京都市内 [ジャンボ 焼肉] 3選!グルメライターが見つけた焼肉店!

京都市内をグルメライターが食べ歩いて見つけたジャンボ焼肉を提供するお店。国際的な観光都市として、その名を世界に響かせている京都。常識を超えるジャンボな焼肉が、ビッグサイズに慣れているはずの外国人観光客のド肝を抜いている!


大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。


[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)

[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)

[焼肉ホルモン 青一(あおいち)] 炭火の上でジュウジュウと音を立てる霜降り肉を、湯気の上がるご飯と共に頬張るド直球のウマさに悶絶必至!A5ランク黒毛和牛のメス牛のみを使用する実力店が追求したのは、焼肉とご飯のマッチングだ。[交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか青山一丁目駅3番出口から徒歩3分


旬|全国60種類の純米酒飲み放題を牡蠣でいくか和牛で攻めるか!?(居酒屋/六本木)

旬|全国60種類の純米酒飲み放題を牡蠣でいくか和牛で攻めるか!?(居酒屋/六本木)

「日本酒フリーフロー」、こちらの飲み放題の名前だが、2ヶ月単位で入れ替えるというリストを見れば、北海道から沖縄(!)まで、全60種類の日本酒が揃う。日本酒はモダンとクラシック、ライトからフルボディと縦軸・横軸で6タイプに分類されているので、好みをいろいろ試しやすい。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング