ホルモン ワイン プコチーニ|肉ひと切れの見栄えも美しい希少な三田牛ホルモン(焼肉/塚口)

ホルモン ワイン プコチーニ|肉ひと切れの見栄えも美しい希少な三田牛ホルモン(焼肉/塚口)

 界隈で創業約20年になる焼肉の名店『じゅん亭』が、良質な肉をより気軽に楽しんで欲しいとプロデュース。コの字カウンターで、ひとりでも気兼ねなく満喫できる。


ホルモン ワイン プコチーニ(最寄駅:塚口駅)

なかでもホルモンは、数が少ないため希少価値の高い三田牛を大放出。噛むほどに旨み溢れるアブシンや、上品な脂のマルチョウなど、盛り合わせ200gの内容は他店にはないクオリティだ。

日替りホルモン色々盛合せ(10種) 1200円

ホルモン ワイン プコチーニ

兵庫県尼崎市塚口本町2-1-17 [TEL]06-6422-2989 営17時~翌1時(24時LO) [休日]不定休 [交通アクセス]阪急塚口駅北口から徒歩3分

電話番号 06-6422-2989
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


はんなりのイメージを覆す!京都のジャンボ焼肉が市の中心を席巻!

はんなりのイメージを覆す!京都のジャンボ焼肉が市の中心を席巻!

国際的な観光都市として、その名を世界に響かせている京都。常識を超えるジャンボな焼肉が、ビッグサイズに慣れているはずの外国人観光客のド肝を抜いている!


ACORN|グランルーフフロントのココも三ツ星店!(フレンチ/東京)

ACORN|グランルーフフロントのココも三ツ星店!(フレンチ/東京)

世界各国から厳選した生ハムやシャルキュトリー、チーズ、日替わりで入荷する牡蠣などとともに、ワインや地ビールを堪能できる。60種類を超える品揃えのワインとのマリアージュを楽しみたい料理は、和のテイストを取り入れたフレンチがベース。


素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)

素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)

毎朝生産者から届くとびきり新鮮な比内地鶏が自慢の焼鳥店。すぐ隣に併設しているのが、秋田県産の純米酒のみを扱う日本酒バーだ。


ほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓|ごはん処 為御菜(居酒屋/東京)

ほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓|ごはん処 為御菜(居酒屋/東京)

「女将のいる東京駅の隠れ家」が店のコンセプト。宮大工が作ったという店内は、一枚板のコの字カウンターが印象的。


七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)

七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)

1937年開業のビヤホール『ニユートーキヨー』。その前身は、明治期に創業した函館の海産物問屋『森卯商店』。


最新の投稿


Babélico|高級食材がワンコイン!気軽に通えるイタリアンバル(創作料理/東京)

Babélico|高級食材がワンコイン!気軽に通えるイタリアンバル(創作料理/東京)

 オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

 函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。


焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

 お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。


ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

 「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。


ランキング


>>総合人気ランキング