MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
季節料理 赤津加|上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ(居酒屋/秋葉原)

季節料理 赤津加|上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ(居酒屋/秋葉原)

創業63年。飴色に輝くコの字カウンターに静かな時の流れが漂う。

季節料理 赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

現在は3代目の寺谷さんが厨房に立ち、老舗の味を守る。端正な肉じゃがは、澄んだダシに煮崩れることなく大きなじゃがいもが鎮座する。使う肉は、創業時の牛から豚へ。小さな変革が常に老舗の味を時代に寄り添わせているのだ。けたたましい電気街に忽然と残る老舗酒場の面目躍如の一品である。

肉じゃが
730円

なるべく大きな男爵いもを選び、豚肉、玉ねぎ、糸こんにゃくと煮込む。ほんのりと甘さのある上品な醤油味が日本酒を呼ぶ

鶏もつ煮込み
820円

鶏皮や内臓と根菜、豆腐を煮込んだ味噌味の煮込み。看板メニューのひとつだ

菊正宗 本醸造
500円(一合)

老舗酒場らしく、熱燗は昔ながらの菊正宗。寒い季節にさっぱりとした飲み口のこの熱燗と品のいい肉じゃがで一献は、なんとも味わい深い

季節料理 赤津加

東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半、土~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・第3土 [席]カウンター15席、テーブル22席、計37席/全席喫煙可/予約可(18時半までに入店の場合のみ)/カード不可/サなし、お通し代別350円 [交通アクセス]JRほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分

電話番号 03-3251-2585
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
本店は、1日3000人が訪れることもある、イタリア・ミラノで大人気のジェラート店。原材料はイタリアから取り寄せ、本店のレシピで作られたフレーバーは、素材をしっかり感じられる力強い味わい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt