MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
季節料理 赤津加|上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ(居酒屋/秋葉原)

季節料理 赤津加|上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ(居酒屋/秋葉原)

創業63年。飴色に輝くコの字カウンターに静かな時の流れが漂う。

季節料理 赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

現在は3代目の寺谷さんが厨房に立ち、老舗の味を守る。端正な肉じゃがは、澄んだダシに煮崩れることなく大きなじゃがいもが鎮座する。使う肉は、創業時の牛から豚へ。小さな変革が常に老舗の味を時代に寄り添わせているのだ。けたたましい電気街に忽然と残る老舗酒場の面目躍如の一品である。

肉じゃが
730円

なるべく大きな男爵いもを選び、豚肉、玉ねぎ、糸こんにゃくと煮込む。ほんのりと甘さのある上品な醤油味が日本酒を呼ぶ

鶏もつ煮込み
820円

鶏皮や内臓と根菜、豆腐を煮込んだ味噌味の煮込み。看板メニューのひとつだ

菊正宗 本醸造
500円(一合)

老舗酒場らしく、熱燗は昔ながらの菊正宗。寒い季節にさっぱりとした飲み口のこの熱燗と品のいい肉じゃがで一献は、なんとも味わい深い

季節料理 赤津加

東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半、土~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・第3土 [席]カウンター15席、テーブル22席、計37席/全席喫煙可/予約可(18時半までに入店の場合のみ)/カード不可/サなし、お通し代別350円 [交通アクセス]JRほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分

電話番号 03-3251-2585
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-23 12:00:00
所狭しと貼られたお品書きと内容に圧倒される。「季節の野菜と魚」が美味しい店だ。
更新: 2019-05-16 10:37:28
人形町で立ち飲みの名店と言えば、ここを置いて他になし! 13年間営業した旧店舗から、2018年3月に移転リニューアルした。
更新: 2019-05-13 13:17:24
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-23 17:50:48
ランチタイムは近隣のビジネスマンで賑わうが、夜はゆったりできる穴場店。創業36年で、店内は昭和の雰囲気が漂う居心地の良さも魅力。
更新: 2019-05-16 13:38:56
最新の投稿
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-23 12:00:00
水天宮と人形町通りを挟んだ向かいにあるパティスリー。世界的にも有名なステファン・トレアン氏が手がける洋菓子が味わえる。
更新: 2019-05-22 12:00:00
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt