MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
コム・ア・ラ・メゾン(フレンチ/赤坂)|シンプルな素材を研ぎ澄ました美しいグラタン

コム・ア・ラ・メゾン(フレンチ/赤坂)|シンプルな素材を研ぎ澄ました美しいグラタン

牛乳とバターと生クリームに薄切りのじゃがいもとチーズ。ごくごくシンプルな素材のグラタンが、涌井シェフの手にかかるとなんと印象深いことか!

コム・ア・ラ・メゾン(最寄駅:赤坂駅)

 煮崩れないように慎重に火を入れたじゃがいもは、口の中でほろりと崩れてスープのようにトロトロに。これを目当てに通う常連客も少なくない。修業先であるフランス南西部ランド地方の味を真摯に守る涌井シェフ。しみじみ美味しい「スープ ド ガルビュ」や、トリップのダシを吸ったじゃがいもがたまらない煮込み「ガスコーニュ風トリップ」など、この店のメニューは、じゃがいも無くしては語れない。

じゃがいものクリームグラタン
864円

どの料理もフランスのじゃがいもの食感に近いメークインを使用。薄切りにしても煮崩れしないので、ルウとじゃがいも、それぞれの旨みがきちんと生きている。口の中でそのふたつが重なる瞬間が至福

ガスコーニュ風トリップ
3024円

驚くほどクリアなトリップの煮汁は旨みが濃く、じゃがいもにしみ込んでいる

スープ ド ガルビュ
1620円

強火で沸かして乳化したスープには、じゃがいもや白いんげん豆、香味野菜とともに生ハムから取ったいいダシが溶け込んでいる

コム・ア・ラ・メゾン

東京都港区赤坂6-4-15 [TEL]03-3505-3345 [営業時間]18時~23時LO [休日]日 [席]カウンター4席、テーブル12席、計16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅6番出口から徒歩3分

電話番号 03-3505-3345
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
226views フレンチ
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
223views 脱メタボ
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt