喫茶ルオー|老舗喫茶の名物はじゃがいもごろりのカレー(カレー/本郷三丁目)

喫茶ルオー|老舗喫茶の名物はじゃがいもごろりのカレー(カレー/本郷三丁目)

東大正門を眺める『喫茶ルオー』のカレーもじゃがいもが印象的だ。日本のじゃがいも料理と言えば肉じゃがやコロッケが筆頭だが、じゃがいもがゴロっと入ったカレーもまた見逃せない。


喫茶ルオー(最寄駅:本郷三丁目駅)

60余年前の創業当時からある「セイロン風カレーライス」は、具は大きなじゃがいもと豚肉が一つずつという潔さ。「初代の奥様がホテルのシェフからレシピを習ったと聞いています」というのは現在の店主・山下さん。画家であった初代から店の名前とレシピを譲り受けて40年近く店を守ってきた。学生街ということもあって盛りもよく、多くのカレー好きに愛される名物だ。

セイロン風カレーライス(デミコーヒー付き) 980円

スパイシーな香りが立ち上るが、辛さはほどほど。家庭のカレーとはまた違う昭和のハイカラなカレーライスを偲ばせる。デミタスコーヒー付き

ルオー自家製アイスクリーム 500円

ウエハースが添えられたアイスクリームも自家製。清楚なたたずまいも老舗喫茶の風格を感じさせる

喫茶ルオー

写真:喫茶ルオーの店内

[住所]東京都文京区本郷6-1-14 [TEL]03-3811-1808 [営業時間]9時半~20時、土9時半~17時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]テーブル53席/分煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]都営地下鉄大江戸線本郷三丁目駅3番出口から徒歩10分

2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


二代目 甚八(本郷三丁目/うどん)-打ちたての伊勢うどんが454円!

二代目 甚八(本郷三丁目/うどん)-打ちたての伊勢うどんが454円!

グルメライターが本郷三丁目のうどん店[二代目 甚八]を実食レポート。うどんを中心に、三重県の食材を使った料理が楽しめる食事処。三重県鈴鹿産と北海道産の小麦粉を50%ずつ使った麺は、毎日お店の製麺機を使い、打ちたてのものを用意。[住所]東京都文京区本郷3-22-9


厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。


喫茶 つきまさ 下北沢店|良心的な値段で一級品の日本茶を心ゆくまで楽しむ(日本茶/下北沢)

喫茶 つきまさ 下北沢店|良心的な値段で一級品の日本茶を心ゆくまで楽しむ(日本茶/下北沢)

演劇の街、東京・下北沢にある、古き良きお茶屋さんの佇まいが印象的な『つきまさ』。開店は昭和53年。


最新の投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング