MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
立呑み なぎ(立ち飲み/道玄坂)|福島の銘酒が揃う日本酒バー

立呑み なぎ(立ち飲み/道玄坂)|福島の銘酒が揃う日本酒バー

「立呑み なぎ」は渋谷道玄坂から百軒店に入り、しばらく歩いたところに佇む立ち呑みの店。入り口には竹が植えられ、風情ある雰囲気が漂っている。こちらは日本酒バー。扱うのは「天明」や「奈良萬」など、福島県産の地酒だ。

立ち呑み なぎ(最寄駅:渋谷駅)

こちらは日本酒バー。扱うのは「天明」や「奈良萬」など、福島県産の地酒だ。東京ではなかなかお目にかかれない、稀少な銘柄も用意している。それを100mℓグラスで300円〜と少量ずつ手頃な価格で楽しめるのもうれしい。つまみは旬の食材を使用した一品料理をはじめ、鮮度抜群の刺身、珍味類など、バリエーションも豊富に揃う。〆も充実しているので、最後の1軒としても最適だ。仕事帰りにサクッと1杯ひっかけるもよし、じっくり日本酒を味わうもよし。気ままに利用できるのが実に魅力的な店なのである。

塩もみさんま
500円

旬の時期にとれたサンマに塩をまぶして冷凍保存したもの。余分な水分が抜け、身の旨みが凝縮している。腹ワタのほろ苦さが日本酒にピッタリだ

天然本まぐろ
600円

天然ものがこの価格!口に含むとほどよい脂と濃厚なコクがあふれ出てくる

立ち呑み なぎ

[住所]東京都渋谷区道玄坂2-20-7 ☎03-6416-5257 [営]17時〜24時 [休]日•祝

電話番号 03-6416-5257
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
夕刻ともなれば近所の常連も、海帰りの学生たちも立ち寄り賑やかな角打ちに。よく冷えたグラスの生ビールもあれば、ショーケースには地元のクラフトビールも。
「戦後すぐの創業ですから、当時は豆やモツくらいしかなかったそうです」と、店主・宮野雄治さんは語る。
 祖父の万吉さんが店を始めたのは、1945(昭和20)年のこと。
 美味しいおかずとふっくら炊きたての銀シャリ、それにちょっとのお酒があれば、われわれニッポン人にとって最高の夕食となるだろう。お品書きには、自家製ドレッシングのサラダに始まり、ダシを利かせたがんもの煮付け、おから入りの手作りさつま揚げなど、温もりあふれる料理が並ぶ。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
 カウンターのみの狭小店が30軒近く連なり、観光客も多く立ち寄る“みろく横丁”。中でも地魚ならここ、と地元の人が太鼓判を押すのが同店。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt