MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本橋 かに福(カニ/日本橋)|カニをふんだんに使った洗練された料理の数々

日本橋 かに福(カニ/日本橋)|カニをふんだんに使った洗練された料理の数々

和食で長年研鑽を積んだ「日本橋 かに福」の料理長が作り出すのは、カニをふんだんに使用した、上品な味わいの料理の数々。名物の「御かにめし」は、ズワイガニの繊細な甘みと風味を存分に楽しめる。[交]地下鉄東西線ほか日本橋駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

日本橋 かに福(最寄駅:日本橋駅)

宴会におすすめなのが「かにすき会席」で、ズワイガニの足肉をふんだんに使った鍋は圧巻の迫力。香ばしく炙った蟹爪に熱燗を注いだ「つめ酒」と共に楽しみたい。

かにすき会席 1人前
5000円

(写真は鍋のみ2人前)カニの身に火を通すことで、身はふっくら。かぶりつけばふくよかな甘みがあふれ出す。脇を固める野菜は水菜とエリンギでシンプルに

御かにめし上
2268円

ダシで炊いたご飯の上に、これまたダシでやさしく味つけしたズワイガニの身をふんだんにのせる。特製のツユをかけてお茶漬け風にしても美味しい

つめ酒
734円

炙ったズワイガニの蟹爪は、熱燗を注ぐと身から旨みと香ばしさがにじみ出してくる。ぜひ堪能したい一杯だ

「かにすき会席」には、メインの「ずわい蟹のすき鍋」のほかに、「抹茶甘酒」、「おこげ飯の寄せ物」、「前菜三点盛り」、「和風ローストビーフと根野菜のサラダ」、「かにみそくりーむコロッケ」、「たらば蟹とずわい蟹の刺身盛り合わせ」、「雑炊かうどんのセット」、「デザート」が付く。コストパフォーマンスのよさに驚愕!

[酒] 生ビール626円 グラス626円、ボトル3564円〜 グラス626円、ボトル3218円 1合518円〜 [その他のメニュー]かにせいろ蒸し(ずわいがに)1706円、かに太巻き2354円、たらばがにのお刺身2030円、キングクラブキャビア594円など

日本橋 かに福

[住所]東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル1階
[電話]03-3231-8686 
[営業時間]11時〜15時(14時半LO)、17時〜23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、土・日・祝は通し営業 
[休日]無休 
[席]テーブル2席×4卓、4席×6卓 計32席/昼は全席禁煙。夜は禁煙席なし/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅A4出口から徒歩3分※「かにすき会席」は3日前までに要予約

電話番号 03-3231-8686
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
更新: 2018-10-12 12:00:00
亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分
更新: 2018-09-21 16:00:49
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2018-12-03 14:30:34
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt