MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本橋 かに福(カニ/日本橋)|カニをふんだんに使った洗練された料理の数々

日本橋 かに福(カニ/日本橋)|カニをふんだんに使った洗練された料理の数々

和食で長年研鑽を積んだ「日本橋 かに福」の料理長が作り出すのは、カニをふんだんに使用した、上品な味わいの料理の数々。名物の「御かにめし」は、ズワイガニの繊細な甘みと風味を存分に楽しめる。[交]地下鉄東西線ほか日本橋駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

日本橋 かに福(最寄駅:日本橋駅)

宴会におすすめなのが「かにすき会席」で、ズワイガニの足肉をふんだんに使った鍋は圧巻の迫力。香ばしく炙った蟹爪に熱燗を注いだ「つめ酒」と共に楽しみたい。

かにすき会席 1人前
5000円

(写真は鍋のみ2人前)カニの身に火を通すことで、身はふっくら。かぶりつけばふくよかな甘みがあふれ出す。脇を固める野菜は水菜とエリンギでシンプルに

御かにめし上
2268円

ダシで炊いたご飯の上に、これまたダシでやさしく味つけしたズワイガニの身をふんだんにのせる。特製のツユをかけてお茶漬け風にしても美味しい

つめ酒
734円

炙ったズワイガニの蟹爪は、熱燗を注ぐと身から旨みと香ばしさがにじみ出してくる。ぜひ堪能したい一杯だ

「かにすき会席」には、メインの「ずわい蟹のすき鍋」のほかに、「抹茶甘酒」、「おこげ飯の寄せ物」、「前菜三点盛り」、「和風ローストビーフと根野菜のサラダ」、「かにみそくりーむコロッケ」、「たらば蟹とずわい蟹の刺身盛り合わせ」、「雑炊かうどんのセット」、「デザート」が付く。コストパフォーマンスのよさに驚愕!

[酒] 生ビール626円 グラス626円、ボトル3564円〜 グラス626円、ボトル3218円 1合518円〜 [その他のメニュー]かにせいろ蒸し(ずわいがに)1706円、かに太巻き2354円、たらばがにのお刺身2030円、キングクラブキャビア594円など

日本橋 かに福

■『日本橋 かに福』
[住所]東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル1階
[電話]03-3231-8686 
[営業時間]11時〜15時(14時半LO)、17時〜23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、土曜日・一曜日・祝日は通し営業 
[休日]無休
[座席]テーブル2席×4卓、4席×6卓 計32席/昼は全席禁煙。夜は禁煙席なし/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B9番出口より 徒歩5分 ※「かにすき会席」は3日前までに要予約

電話番号 03-3231-8686
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt