MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
パッソ ア パッソ|北あかりが受け止める艶やかな旨み(イタリアン/門前仲町)

パッソ ア パッソ|北あかりが受け止める艶やかな旨み(イタリアン/門前仲町)

東京の下町で、独自の世界観を展開するイタリアン。オーナーシェフ・有馬邦明さんは、素材への探究心の深さで業界内でも著名な存在。

パッソ ア パッソ(最寄駅:門前仲町駅)

なかでも冬の時期のジビエ料理は、野生動物の生きて来た背景までをも物語る、ドラマティックな料理ばかり。全国から足を運ぶファン多数。

ツキノワグマのラザニア

伸ばしたパスタの間にミルフィーユ状に包まれたツキノワグマのラグー。その中に北あかりが混在する。ポイントは、ツキノワグマならではの香りと脂、そのスープの旨みを、じゃがいもが吸って一つになっていることだ。「北あかりはほっくり味を吸ってくれる。じゃがいも感もポイント」(有馬さん)。なんとも口中でじゅわりと広がる艶々と野性味のある旨み。

パッソ ア パッソ

[住所]東京都江東区深川2-6-1 [TEL]03-5245-8645 [営業時間]18時~21時半 [休日]水 [席]テーブル12席/全席禁煙/予約可/カード可(VISA、MASTER)/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅6番出口から徒歩2分

電話番号 03-5245-8645
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt