MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
絶品赤身肉!東京都内の焼肉店6選、ここに行けば間違いなし!

絶品赤身肉!東京都内の焼肉店6選、ここに行けば間違いなし!

東京都内をグルメライターが食べ歩いて見つけた絶品赤身肉を提供する焼肉店。 焼肉の醍醐味はやっぱりビジュアル満点の赤身肉に限る!旨いだけじゃない、店主の〝肉愛〟をもヒシヒシ感じる絶品&最新三ツ星店を集結させました。肉食をトリコにすること間違いなしです!

絶品赤身肉!東京都内ここに行けば間違いなし!

食欲を掻き立てるジュウジュウと焼ける音、したたる肉汁、炸裂する旨み……。

俺の肉 神田

神田の路地裏で名店発見!

 店名の由来は「お客さんが『それ俺の肉ッ!』と奪い合うほど旨い肉を提供したい」という店主・木村さんの思いから。フレンチの肉料理担当で牛やジビエなどあらゆる食材を扱ってきた経験を生かし、焼肉店で修業した末に独立を果たした実力派だ。繊細な仕込みを施した美しい赤身を見れば、ひと目でその職人技が分かるだろう。「絶対に手を抜かない」と力を込めるのは仕入れ。サシの入り方や筋肉の繊維などを見極め、主に黒毛和牛A5ランクの口当たりまろやかな仙台牛を厳選している。とりわけモモ系など赤身の希少部位にこだわり、冷凍保存は一切しない。まずは肉を知り尽くした店主自慢の「デラックス盛り」を。気の合う仲間と「俺の!」「私の!」と奪い合って。

写真:デラックス盛りハーフ(400g)6500円

仕込みは肉塊をカットし、余分な脂身やスジを丁寧に取り除く。部位によって切り方を変え、例えば中落ちカルビはサイコロ状に、サシの多い部位は大判で薄切りにするなど食べた時の味わいを計算して仕込んでいる

俺の肉
[住所]東京都千代田区内神田3-15-10 東海神田ビル1階 [TEL]03-3255-1129 [営業時間]17時~23時半(23時LO)、土・祝17時~22時半(22時LO) [休日]日 [席]カウンター4席、テーブル23席、計27席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し250円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩1分

焼肉×バル マルウシミート 新橋店

名物中の名物垂涎必至の塊焼肉!

 銀座で人気の焼肉店が激戦区・新橋で待望の姉妹店を誕生させた。最大の魅力は斬新な名物メニューの数々だ。築地直送の生ウニと極上リブロースがコラボしたスペシャリテ「リブ芯の贅沢うにロール」を筆頭に、赤身肉の塊を豪快に焼く「マルウシロック」(1日限定10食)などビジュアル満点の料理が新橋の肉食を唸らせている。牛はプロが選んだA5・A4ランクの黒毛和牛で、もちろん味はお墨付き。自慢のリブロースは常時50本を自社で保有し、最大35日熟成。その時に一番いい状態のものが随時店に運ばれてくる。カットして約2時間後が最も美味という独自の研究から、提供するおおよその時間を逆算して作業するこだわりようだ。バルスタイルの気軽さもいい。

写真:マルウシロック(約250g)2980円
250gの赤身ブロックを豪快に網の上へ。表面を焼いて旨みを閉じ込める。この日の部位は肩三角

写真:絶品カルビ(塩)1200円 厚切りにカットした贅沢カルビ 

マルウシミート
住所]東京都港区新橋3-6-5 佐藤ビル1・2階 [TEL]03-5501-2261 [営業時間]17時~23時(22時半LO)、土17時~22時(21時LO) [休日]日・祝 [席]1階テーブル22席、2階テーブル29席、計51席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

肉亭 ふたご 新宿店

コース仕立てで焼肉を。人気店の新たな挑戦

 料亭のようなおもてなしの焼肉ならこちらをおススメしたい。新宿の喧騒を忘れさせる和の空間で供されるのは「にく匣」という黒毛和牛の盛り合わせ。希少部位のほか、塩昆布を包んだ牛タンや日本酒に漬け込んだハラミなどひと味違う味わいだ。実はここ、「はみ出るカルビ」が看板の『大阪焼肉・ホルモンふたご』の新業態。これまでとは趣を変えてオープンした。前菜などのセットを頼めばコース仕立てで楽しめる。

仕入れで部位は変わる。この日はミスジや上タンなど。「獺祭」に漬け込んだハラミは定番

写真:にく匣「こいき」(上肉180g)3240円
木箱に美しく盛り付けられた「にく匣」はひとり1箱のオーダーが基本。肉質や量によって3種類を用意。前菜や食事などのセットを頼めばコース仕立てに

肉亭 ふたご 新宿店
[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-18-9WaMall歌舞伎町10階 [TEL]03-6205-6525 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]無休 [席]カウンター16席、テーブル28席、個室6名×1室、計50席/喫煙可/予約可/カード可/サ料5% [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩5分

肉処 香月 赤羽

洗練されたコース料理の数々なんとも驚きのサービスが!

 赤坂や八重洲の有名店で腕を磨いた店主が作る肉料理のコースを、古民家を改築した風情ある店内で楽しめる。コースは自家製のコンビーフをのせたサラダから始まり、前菜、上質な黒毛和牛の焼き物など、多彩な味を少量ずつ盛り込んでいる。驚きなのが店のルールや節度を守れば、あくまでサービスとして、地酒や焼酎、ワインなどのアルコールがすべて無料になるのだ。極上の肉に舌鼓を打ちつつ、ゆったり酒盃を傾けたい。

写真:月コース 6,500円(2時間制)

肉処 香月
[住所]東京都北区赤羽西1-27-6 [TEL]03-6454-3774 [営業時間]18時~24時 [休日]月•第1火 [席]テーブル12席 計12席/禁煙席なし/前日までに要予約/カード不可/サなし [交通アクセス]JR埼京線ほか赤羽駅西口から徒歩8分

まだまだあります。 焼肉店

スタッフによる連日食べ続けた調査では繁華街にある話題店から地元密着の人気店まで、バラエティ豊かな焼肉店がたくさんありました。ここでは近くに行ったら寄ってみてほしい、ちょっと気になる店をご紹介します!

※移転準備中※黒毛和牛焼肉 ぜん 池袋駅前2号店

青竹網で焼き上げるジューシーな焼肉

 青竹網で焼くユニークな焼肉店。京都丹波産の真竹を網枠に組み込んだ特殊な竹網を使用。竹からにじみ出る水分により肉が縮まずふっくらジューシーに焼けるという。「王様のカルビ」(1390円)など国産黒毛和牛の肉質も文句なしの旨さ。同じ池袋に本店もある。

[住所]東京都豊島区西池袋1-19-2 光進堂ビル 2-4階 [TEL]03-6914-1376 [営業時間]11時半~15時、17時~24時、金・土・祝前日17時~翌5時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩1分

焼肉 けっさく 新小岩

こだわり和牛を手頃に楽しませる

 国産和牛だけでなく、野菜も農家直送のものを使用というこだわり店。名物は「和牛肩ロース焼しゃぶ」(1880円)。薄くカットされた大ぶりのロースをさっと炙り、卵かポン酢でいただけば、脂の甘み、肉の旨みが口中に広がる贅沢な味わい。週末は予約がベターだ。

[住所]東京都葛飾区新小岩2-4-2 三翔ビル1階 [TEL]03-5879-3729 [営業時間]11時~14時半LO、17時~23時LO(土11時~23時LO、日・祝22時LO) ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR総武線新小岩駅北口から徒歩3分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
京都市内をグルメライターが食べ歩いて見つけたジャンボ焼肉を提供するお店。国際的な観光都市として、その名を世界に響かせている京都。常識を超えるジャンボな焼肉が、ビッグサイズに慣れているはずの外国人観光客のド肝を抜いている!
更新: 2018-09-11 18:31:46
みんなが大好きなお肉。覆面調査員も多分にもれず、肉好きのメンバーが多数。そのなかからジャンルを問わず、お気に入りの料理、店をズラッとご紹介。肉料理とハンバーグに分けてお届けします。今回は肉の三ツ星店です!
更新: 2019-03-02 14:56:38
同じ牛肉でもカルビやロースなど味わいはいろいろ。ここでは特定部位の名物店やぜひ味わってほしい部位&味がある店を厳選しました! アナタはどの部位がお好きですか?
更新: 2018-09-20 12:55:31
ネギ塩焼き肉の最高峰、自由が丘の「炭火焼肉 漢江」と老舗が守る秘伝の辛タレなら恵比寿の「玄風館 龍」
更新: 2018-09-11 18:32:54
全国各地からホルモン酒場が東京に進出!それぞれの食べ方、タレなどにこだわりを見せる“ご当地系”の店を調査してきました。
更新: 2018-09-11 18:33:10
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt