MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
今行くべき築地【場外】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

今行くべき築地【場外】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

久々に築地市場を覆面調査!移転問題に揺れる築地市場。すぐに移転しなさそうな今のうちに場外の名店に行っておくべし。そこで、久々に築地市場へ覆面調査を決行。観光客が増えた今でもブレずに旨い寿司を提供する店はココだ!

外国人観光客であふれていても美味かつお得な店

今、何かと注目を集める築地。場内の様子は「築地場内編」で後述するとして、場外も特に昼間は外国人観光客であふれかえっている。
一番混み合う通りなど、たった数十メートル進むのに10分かかったこともあるんだから!

通りに立ち並ぶ店のおばちゃんたちも流暢な外国語で呼び込みし、インバウンド狙いに余念がない。
場外も変わったねえ。
そこで、本誌が以前、高評価した店を、ライター:菜々山と編集:戎で覆面調査!

変わらぬクオリティで、キチンと味を守っている店をご紹介。

まずは『すし大本館』。カウンターに座りお決まりの握りを注文すると、職人さんが1貫ずつ丁寧に握って、つけ台に置いてくれる。

写真:店長おまかせ 3780円

この日は、真鯛、カツオ、寒ブリ、赤貝、金目鯛の昆布締め、アジ、イクラ、ボタンエビなど。炙りトロは大根おろしをあしらうことで、さっぱりと。穴子は握る直前に煮汁で温め、ふっくらとした食感だ。巻物はネギトロとヒモキュウを半巻ずつ。サービスの1貫は赤バフンウニをチョイス

戎「あ〜人肌のシャリが口の中でほどけるぅ」


菜「ネタとの一体感、そしてシャリとのバランスも絶妙だわ」



職人さんのレベルが高い!
本誌ではずっと前から注目している店だが、今も場外指折りの名店であることに変わりなし。




近年、場外で店舗数を着々と増やしているのが『虎杖』だ。

海鮮丼の店が中心だが、ここ「別館」は江戸前寿司をメインにしている。こちらはネタがとにかくいい。

写真:漣 4622円

写真のセットでは細やかにサシの入った大トロがとにかく絶品。他に旬の白身魚やウニ、イクラを盛り込んでいる。

戎「この大トロ、ヤバいっすね」


脂のり過ぎでしょ!
しかもスジ張ったところが一切なく舌触りが超なめらか。

菜「高級店だったらコレ1貫で2000円はくだらないよね」


磯の風味たっぷりのウニをはじめ、どのネタも大満足。




『すし富』はマグロ専門の仲卸直営。
マグロの質の高さはさすが。

写真:今月のおすすめ握り 3024円の一部

目を見張るのがコストパフォーマンスの高さ。ランチでは1000円以下の丼やセットメニューを揃え、連日行列ができる人気ぶり。夜は大トロと中トロが入る「今月のおすすめ握り」がおすすめだ。

菜「こんなに濃厚なコクの赤身、そうそう食べられないかも」


皮が薄くトロリとしたイクラ、肉厚な赤貝などマグロ以外もいいものを使っている。

戎「握りのセットが3024円か。高級ネタが盛りだくさんでコスパ高いっすね」



お好みでも良心価格で十分に楽しめる。

場外で寿司なら、この3軒が間違いなし!昼時は多少行列するけど、待つ価値アリです。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-06-13 10:22:36
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!
更新: 2018-11-16 18:12:49
グルメライターが東京都内の[駅チカの寿司]を実食レポート・気軽に入れて、1貫ずつ好きな量だけ食べられる。江戸時代の屋台寿司を思わせる立ち食い寿司こそ、寿司の原点といえよう。都内を中心に調査した結果、都内の駅チカ店に良店が多いことが発覚。粋に食べられる4軒はココだ!撮影/鵜澤昭彦(まぐろ人) 取材/赤谷まりえ
更新: 2018-12-11 12:09:30
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt