今行くべき築地【場内】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

今行くべき築地【場内】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

久々に築地市場を覆面調査!移転問題に揺れる築地市場。すぐに移転しなさそうな今のうちに場内の名店に行っておくべし。そこで、久々に築地市場へ覆面調査を決行。観光客が増えた今でもブレずに旨い寿司を提供する店はココだ!


本誌が以前、高評価した店を、ライター・菜々山と編集・戎で覆面調査。
変わらぬクオリティで、キチンと味を守っている店をご紹介。

10月のとある月曜日の朝6時過ぎ、ライター・菜々山は築地市場にいた。場内でも随一の行列を作る『寿司大』に行くためだ。
最後尾を探すと、そっけなく立て看板が置かれていた。

菜「『本日の受付は終了しました』ってどういうコト!?」



事前に店に電話で確認したところ、「月曜なら7時くらいまでに並んでいただければ、通常は入れます。お約束はできませんが」と言われていたのだ。その時点で「ハイ?」と耳を疑ったけどね。

だって2014年に覆面調査した時には、14時が受付終了(水曜以外)。
その直前に並びはじめ、店に入れたのが2時間40分後のこと(ちなみに2012年の調査時は1時間45分後)。

やっと席に座れたときには、慰労困憊していたものだが、今は4時間近くかかるらしい。

この店の寿司の美味しさは認めるが、もはやここまでくると正気の沙汰ではないと言えるだろう。
と、そこへ埼玉から始発でやってきた、編集・戎氏が合流。

事の次第を伝えると、
戎「マジっすか。始発でも間に合わないって、一体何時に来れば……」


最後尾にいた女性に訊ねてみたら、
「Just before 6 o'clock(6時少し前)」


と教えてくれた。

そう、驚くのが、並んでいる客の約9割が外国人観光客なのだ。場内にある他の寿司店でも外国人客が大半で日本人は少数派。

いつも空いていたハズのサエない店でも客が列をなしているのだ。

戎「そんなに並んでいなくて、ウマい店ってないんですか?」

菜「あるよ」



何度も全店覆面調査をしている場内マスター・菜々山におまかせあれ、と連れて行ったのが『寿司処やまざき』だ。

戎「4組待ちか。これならそんなに待たなくてすみそうです」

写真:菊 3900円の一部の天然ブリ

並んでいると女将さんがお茶を振る舞ってくれた。こういうちょっとした心遣いがうれしいものです。
20分ほど待って席に着く。

職人さんが客の食べるペースにあわせ、1貫ずつ出してくれる寿司はどれも絶品。

塩で食べさせるウニの甘いことと言ったら!「お銚子1本くださーい」ってつい出ちゃいます。
まだ朝7時だけど。

戎「めちゃくちゃウマいじゃないですか!なんで他の店より空いているんですか?」



さあ?

私もここは場内でも3本の指に入る実力があると思う。
ただ、『寿司大』と『大和寿司』という、2大行列店に挟まれているから、目立たないのかもね。

寿司処やまざき(寿司/築地)|ネタの魅力を引き出す“仕事”が活きる

https://matomeshi.jp/articles/2165

握り11貫の「菊」では、大トロ、中トロ、ウニ、イクラなどの高級ネタが満載! 口の中でネタと瞬時に一体となりハラリとほどけていく繊細な握りに職人の腕前の高さを感じる。白イカは軽く炙って塩と柚子皮をそえて、穴子は塩とツメの2種類でと、それぞれのネタの個性を引き出す丁寧な仕事がなされている。 ※ランチタイム有


この日はこれにて終了。通勤ラッシュになる前の電車で帰宅した。




さて別の日、再び場内に集合した我らふたり。


私が早起きはもうムリと言い張ったため、11時半に待ち合わせ、向かったのが『龍寿司』


菜「ラッキー。空いてる」

写真:蘭 3500円の一部

「蘭」は握り7貫と巻物がつく。

食事時にも関わらず、待ち時間ゼロなばかりか、客は他に日本人が3人しかいない。
この店がある1号館は、メインの飲食店街からちょっとハズれた場所にあるので、観光客があまり来ないのだ。
特にこの店は外国人客を取り込もうとする商売っ気がないし、ぶっちゃけ職人さんの愛想もない。
しかし、いつもとび切りウマい寿司を食べさせてくれる。

戎「シャリがホロホロってほぐれます」



でしょう!


ここまでふんわりした握りの寿司って、なかなかないし、ネタの質の高さも相当なもの。
何度来ても良い店だなあと改めて思う。

松下幸之助が好んで食べた穴子はふんわりトロける超繊細な握り(寿司/築地)

https://matomeshi.jp/articles/2166

ふんわりトロける穴子と超繊細な握り。手でそっとつままなければ崩れてしまうほどふんわり握られたシャリが特徴で、寿司には箸を出さないのが流儀だ。舌の上でとろけるような穴子は松下幸之助が好んで食べていたことでも知られている。 ※ランチタイム有




いまや、場内の寿司店でフラリと入れる店はほぼない。テーマパーク並みの混雑ぶりに閉口したのが本音だ。移転したら食べられなくなるかもだが、あえてここで食べなくてもいいのではと思う。それでもというのなら行列覚悟でどうぞ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


絶品寿司の旅!富山湾鮨でお得に食べる!!おすすめ寿司屋3店(富山/寿司)

絶品寿司の旅!富山湾鮨でお得に食べる!!おすすめ寿司屋3店(富山/寿司)

天然の生け簀”と呼ばれる富山湾を有する富山県。 鮮度の良い状態で水揚げされた地魚を使った寿司を「富山湾鮨」として提供しています。 そのなかから県の中心地・富山市でおすすめの寿司店をご紹介します。


絶品寿司の旅!予約の取れない店が増加中!!金沢のおすすめ寿司屋2店(金沢/寿司)

絶品寿司の旅!予約の取れない店が増加中!!金沢のおすすめ寿司屋2店(金沢/寿司)

日本海に面する“海の幸の宝庫”北陸から、金沢の寿司店を編集部スタッフが調査してきました。北陸新幹線の開通もあり大人気の金沢は、予約の取れない店が増加中。そこで、予約も取れて味も良い金沢市内の良店をご紹介します。


今行くべき築地【場外】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

今行くべき築地【場外】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

久々に築地市場を覆面調査!移転問題に揺れる築地市場。すぐに移転しなさそうな今のうちに場外の名店に行っておくべし。そこで、久々に築地市場へ覆面調査を決行。観光客が増えた今でもブレずに旨い寿司を提供する店はココだ!


世界に広がるサーモン寿司(コラム:口福三味)

世界に広がるサーモン寿司(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『世界に広がるサーモン寿司』。


突撃!噂の寿司を追え!個性的な握り寿司を覆面調査(東京/寿司)

突撃!噂の寿司を追え!個性的な握り寿司を覆面調査(東京/寿司)

巷に溢れる変わり握りに唸れるか、唸らないのか!?覆面調査中に見つけた、変わった握り寿司の数々。気になったら食べずにはいられない! ということで、突撃してきました。


最新の投稿


撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

2019年には、走り始めて40年というSLやまぐち号。SLやまぐち号が走るのは、その名の通りほとんどが山口県。しかし停車駅のうち終点の津和野駅だけが島根県に入ります。この津和野駅に行ったとき、SL運転日にしか食べられない、さくさくの「源氏巻」を楽しみに、必ず寄る和菓子屋さんがあります……。


名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

アラフィフとなった今、ふんわりとした食感よりも、歯ごたえのある肉々しいハンバーグを求めるようになった。しかし、“肉汁信仰”ともいうべき今のグルメ界では、これがなかなか見つからない。あきらめかけていたころ、栄4丁目にある『shiosai』で私の理想とするハンバーグに出会ってしまったのである……。


みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

 居酒屋の名店が軒を連ねるこの界隈でも、とりわけウマい魚料理を出す、私の海鮮市場的な店がこちら。店主自ら築地市場に足を運び、確かな目利きで仕入れる魚は新鮮で質の高いものばかり。


魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

 正確には刺身は“鮮”魚ではない。左写真奥に見えるサバのヅケや中央のヒラメの頬こそ初日のものだが、他は2日~8日ほど寝かせて提供される。


魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

料理の見た目は豪快なのに、丁寧な仕事と繊細な味わいを酒とともに楽しめると評判の人気店『青天上』。1号店の焼き鳥店を三ツ星店として取材したのは開店した2014年。


ランキング


>>総合人気ランキング