撮り鉄の「食」の思い出(15) 限界ローカル線・札沼線の犬駅長と「めはりずし」 2016年/2017年 撮影

撮り鉄の「食」の思い出(15) 限界ローカル線・札沼線の犬駅長と「めはりずし」 2016年/2017年 撮影

北海道に札沼線(さっしょうせん)は1日1本しか列車の来ない、始発列車が終列車。この札沼線新十津川駅では駅長犬LALAが鉄道ファンをあたたかく迎え、駅近くで食べためはり寿司には、奈良県十津川町との絆がありました。 2018年は戌年ということもあって、今年の最初は犬駅長の話題から始めましょう……。


限界ローカル線・札沼線の犬駅長と「めはりずし」 2016年/2017年 撮影

始発列車が終列車。

北海道に、1日1本しか列車のこない札沼線(さっしょうせん)という路線があります。

この、札沼線の新十津川駅では『駅長犬LALA』が鉄道ファンをあたたかく迎え、駅近くで食べた「めはりずし」には、奈良県十津川町との絆がありました。

2018年は戌年ということもあって、今年の最初は犬駅長の話題から始めましょう……。


[札沼線中徳富-新十津川 一両編成のディーゼルカーがのんびり走る]


札沼線は、もともとは札幌駅(正確には隣の函館本線の桑園駅)から、留萌本線の石狩沼田駅を結んでいた路線です。

札幌の札と、沼田の沼をとって、「札沼線」と名づけられました。


現在の終点、新十津川駅と石狩沼田駅間が廃止になったのは1972年のことです。


この札沼線が「超ローカル線」かといえば、ちょっと違っていて、札幌駅から札沼線方面に向かう列車は1日57本にも上り、中には新千歳空港駅からの直通列車まであります。

これは、札幌のベッドタウンを走るために通勤通学列車が多く、札幌駅から約30kmにある北海道医療大学駅までは電化もされました。

ただし、この駅を過ぎると、そこから先は非電化になり、1~2両のディーゼルカーが走ります。


北海道医療大学駅からの下り列車は、1日8本。

更に、浦臼駅からの下り列車は1日1本。


始発列車が終列車という状態です。

[新十津川駅に到着する列車から駅を見る。行き止まりの車止めが見える]


新十津川駅の時刻表。
列車は9:40発の1本のみ。
終着駅なので、もちろん通過列車もない。



これが鉄道ファンの気持ちに火をつけました。

休日ともなれば、1本の列車にたくさんのファンが乗ってきます。



休日の新十津川駅。
たくさんの鉄道ファンや観光客で、駅が賑わう。



そのファンを歓迎するために、近くの保育園の園児が毎日出迎えたり……。

2017年には「新十津川駅を勝手に守る会」の一員、柴犬のLALAが「駅長犬」に就任しました。


休日を中心に、やさしい目でお客さんを迎えています。


いろいろと都合もあって(笑)、毎日は出勤していないので、出勤状態を確認してから会いに行ってください。

確認はこちらのサイト『START from 新十津川 Project』から。

新十津川駅長犬LALA。
駅長の帽子が似合っている。

1日1本の列車は、ホームでお出迎え。

さて、北海道の地名にはニセコや長万部のようにアイヌの呼び名が由来が多いのですが、新○○や北○○のような地名も多く見かけます。

これは、他県からの入植者が出身の地名を付けたもの。


今回紹介する、札沼線終着駅の「新十津川」も同じ理由で、もとの土地は奈良県の山深いところにある「十津川町」なのです。


新十津川の人は、十津川を「母村」と呼んで、祖先の慰霊などで永く交流を続けていましたが、近年は地元生産物の販売や観光などで、ますます交流を深めているそうです。


新十津川駅でお会いした町の観光課の方から聞いた地元メシを求めて、駅から近い物産館に行きました。

駅から近い物産館、くじらかん。
鯨の化石が出たことから、このデザインになっています。




ここで食べたのは「とりめんセット」。

汁物は奈良県から取り寄せた三輪そうめんが入り、シイタケと出汁の関西風。
それにカシワと卵でやさしい味になっています。

値段もやさしい650円です。


そして麺椀の横にで〜んと添えられたご飯は、高菜で巻いたボリューム満点のおにぎり?

[新十津川くじらかんの「とりめんセット」]


[大きな北海道バージョン「めはりずし」。中にはおかかご飯が入っている]



これは奈良名産の「めはりずし」です。
ただし、奈良のものはもう少し小さめで、高菜を刻んであります。


北海道バージョンでは、大きさも巨大で、おかか入り。

この高菜は北海道で育てたものだそうで、北の大地で「めはりずし」も大きく育っているようです。


奈良県の十津川から遠く離れた新十津川で、「めはりずし」を通して絆を感じた旅でした……。




佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。


 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

2019年には、走り始めて40年というSLやまぐち号。SLやまぐち号が走るのは、その名の通りほとんどが山口県。しかし停車駅のうち終点の津和野駅だけが島根県に入ります。この津和野駅に行ったとき、SL運転日にしか食べられない、さくさくの「源氏巻」を楽しみに、必ず寄る和菓子屋さんがあります……。


撮り鉄の「食」の思い出(14) 江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(14) 江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

映画「DESTINY鎌倉ものがたり」に出てくる現役の江ノ電「355」は、鉄道ファンに人気の車両です。この車両に乗って出かけた鎌倉、ちょっと頑張って絶品うな重に舌鼓をうってきました……。


撮り鉄の「食」の思い出(13) 江ノ電・江ノ島編 タンコロ列車の思い出と絶品しらす丼 1980年/2013年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(13) 江ノ電・江ノ島編 タンコロ列車の思い出と絶品しらす丼 1980年/2013年撮影

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』を初日に観てきました。 懐かしい鉄道風景と、江ノ島の味のお話です。 予告編でも出てくる1両編成の車両がなつかしくて、なつかしくて……。 そんなわけで今回は、江ノ電としらす丼のお話です。


撮り鉄の「食」の思い出(12) 晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年

撮り鉄の「食」の思い出(12) 晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年

11月中旬、青い有明海とミカンの風景を求めて訪れた長崎本線。有明海といえば、干満の差が大きく、広大な干潟が現れることで有名です。前回の竹崎カニとカキに続いて、今回は干潟の珍味に挑戦してみました。


撮り鉄の「食」の思い出(11) 晩秋の長崎本線・883系特急かもめと、竹崎カニ&カキ編/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(11) 晩秋の長崎本線・883系特急かもめと、竹崎カニ&カキ編/2017年撮影

11月中旬、晩秋の長崎本線を訪ねました。今回の撮影目的はふたつ。  ひとつは、有明海沿岸の丘陵に広がるミカン畑と列車の撮影です。 もうひとつは、青い有明海と列車の撮影。長崎本線を走る特急列車は「かもめ」、やはり海をイメージした愛称です……。


最新の投稿


撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

2019年には、走り始めて40年というSLやまぐち号。SLやまぐち号が走るのは、その名の通りほとんどが山口県。しかし停車駅のうち終点の津和野駅だけが島根県に入ります。この津和野駅に行ったとき、SL運転日にしか食べられない、さくさくの「源氏巻」を楽しみに、必ず寄る和菓子屋さんがあります……。


名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

名古屋エリア限定グルメ情報(23) 熟成香がたまらない! 栄4丁目『shiosai』の「熟成肉の手ごねハンバーグ」

アラフィフとなった今、ふんわりとした食感よりも、歯ごたえのある肉々しいハンバーグを求めるようになった。しかし、“肉汁信仰”ともいうべき今のグルメ界では、これがなかなか見つからない。あきらめかけていたころ、栄4丁目にある『shiosai』で私の理想とするハンバーグに出会ってしまったのである……。


みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

 居酒屋の名店が軒を連ねるこの界隈でも、とりわけウマい魚料理を出す、私の海鮮市場的な店がこちら。店主自ら築地市場に足を運び、確かな目利きで仕入れる魚は新鮮で質の高いものばかり。


魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

魚ませませ(海鮮料理/新橋)|寝かせる、希少部位を出す魚の魅力の発信基地

 正確には刺身は“鮮”魚ではない。左写真奥に見えるサバのヅケや中央のヒラメの頬こそ初日のものだが、他は2日~8日ほど寝かせて提供される。


魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

魚肴 青天上(居酒屋/南阿佐ヶ谷)|近所にあるのを自慢したい!味も使い勝手も魅力の店

料理の見た目は豪快なのに、丁寧な仕事と繊細な味わいを酒とともに楽しめると評判の人気店『青天上』。1号店の焼き鳥店を三ツ星店として取材したのは開店した2014年。


ランキング


>>総合人気ランキング