MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【必食!吉祥寺ランチ 2019】コスパが良くて旨い店ベスト9

【必食!吉祥寺ランチ 2019】コスパが良くて旨い店ベスト9

吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。

はじめに

住みたい街ランキング第一位として不動の地位を築いている吉祥寺は、交通の便もよく、おしゃれなカフェや商業施設も多い場所。井の頭公園もあって、デートにもいいですよね。
そんな吉祥寺の街でランチを食べるのにおすすめのお店を徹底リサーチしました!平日限定ランチや休日の昼飲みなど、話題のお店もご紹介しますよ!

吉祥寺のランチマップ

まずは分かりやすくお店の場所を地図でご案内します!

大量のチーズから旨味が溢れでるピザ!

「ミックスピザ」/トニーズピザ

▲ミックスピザ

NYで修業したマスターの藤原さんが作るこちらのピザの特徴は、なんといっても大量のチーズ。エダム、モッツァレラ、マリボの3種が、トッピングを覆い隠すほどかかっている。

1968年創業のピザのお店は、70年代アメリカのレトロな雰囲気。ニューヨークで修業した店主が作るピザは、豪勢にに3種類ものチーズがこれでもかというほどた~っぷり乗っていて、具材が見えないほど!チーズ好きにはたまりません!
一番人気は、ひき肉やベーコン、野菜がたっぷり入ったミックスピザ。ランチのセットは850円で食べられます。(1人前のピザは直径32cmの1枚の4分の1サイズほどです)。
テイクアウトも可能ですよ。

▲『トニーズピザ』店内の様子

■『トニーズピザ』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
[TEL]0422-49-1021
[営業時間]11時半~20時(ランチ11時半~14時)
[休日]月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休み)
[座席]カウンター4席、テーブル3席×2卓、4席×2卓、6席×2卓 計30席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし
[アクセス]JRほか吉祥寺駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

悶絶級に旨い"お肉”が主役!

「ステーキ丼」/肉 いせや

▲ステーキ丼 2100円(昼のみ)

「ステーキ丼」はランチ限定。トコトン牛肉におぼれたい!そんな時にうってつけの1杯だ。
上質な黒毛和牛のサーロインを使用。約180gのステーキ肉を丸ごと1枚レアに焼き上げ、豪快にご飯の上にのせている。

しっとりと落ち着いた高級感のあるお店で、ランチ時間にだけ特別に味わえる、コスパ最強の「ステーキ丼」!醤油ベースのタレが、脂ののりがちょうどよくレアに焼かれたやわらか~いお肉とご飯に絡んで、一口食べれば至福の味わいです。
「牛丼」は780円とリーズナブルで、こちらも大人気!すき焼きやしゃぶしゃぶのコースなども堪能できます。
個室も多いので、接待や記念日などにゆっくり食事を楽しむのもいいですね。

▲『肉 いせや』店内の様子

■『肉 いせや』
[住所]東京都武蔵野市御殿山1-2-1 いせや吉祥寺ビル 地下1階
[TEL]0422-26-9451
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜22時(21時LO)
[休日]火曜日(祝日は営業)
[座席]座敷4席×4卓、掘りごたつ式テーブル4席×2卓、6席×1卓 、個室3名用、4名用、5名用、6名用個室各1室 計48席/禁煙席あり/カード可/予約可(昼はコース注文の場合のみ)/夜はサ10%別、昼はアルコール注文の場合のみ先付け代300円別
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分 ※ランチタイム有

「ステーキ御膳」/ステーキハウス さとう

▲さとうステーキ 120g 2000円(昼のみ)

メンチカツで有名な精肉店『さとう』が店舗の2階で営むステーキハウス。
写真の「さとうステーキ」は、黒毛和牛のモモ肉を使用。しっかりとした歯応えがあり、ほとばしる旨みに大満足。大きさは120g。どのステーキも10g単位で増量可能。

仕入れから肉の形成までを自社で行うため、牛肉の質の高さは間違いなし!さらにコスパも抜群ときたら、常に行列なのも納得ですよね。
ランチで食べられる絶品ステーキは、ヒレかロースのステーキにご飯やサラダのついた2000円~1万円越えのコースまで予算に応じてたくさんの種類の御膳が設定されています。オリジナルのソースは、サッパリ目のソースとフルーツ系の少し甘めのソースの2種類があり、お肉を引き立てています。
特別な日のご褒美ランチにぴったりですよ。

▲『ステーキハウス さとう』店内の様子

■『ステーキハウス さとう』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8 2階
[TEL]0422-21-6464
[営業時間]11時~14時半LO、17時~20時LO、金11時~14時半LO、17時~20時LO(金曜日は20時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時~14時半LO、16時半~20時半LO ※ランチタイム有
[休日]年始のみ
[座席]カウンター6席、テーブル10席 計16席/全席禁煙/平日の夜で5000円以上のメニューを注文の場合のみ予約可/カード不可/サなし
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩2分

「肉汁たっぷりホットドッグ」/ケーニッヒ 吉祥寺店

▲ホットドッグほうれん草チーズ 800円

こちらケーニッヒはそもそも手造りハム・ソーセージの専門店。
パキッと食べたときにジュワッとくる肉汁と、さらに噛み締めたときに感じる肉の旨さ。チーズもとろーり。チョイスしたドイツパンはしっかりモチモチで、なんとも、ナチュラルで上質に旨いホットドッグだ。

こちらのソーセージやハムは、店主が実際にドイツで学んだ経験をもとに作っている超本格派。その味は本場ドイツの品評会で、なんと総合優勝を果たしたほど!!
注文システムは、3種類のパンと5種類のソーセージから自分で好きな組み合わせを選ぶというもの♪パリッとした皮をかじると出てくる脂の旨みがたまりません!

お休みの日は、ぜひドイツビールも一緒に注文を!相性抜群で最高の休日になることでしょう♪

▲『ケーニッヒ 吉祥寺店』外観

■『ケーニッヒ 吉祥寺店』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-10
[TEL]0422-49-4186
[営業時間]10時30分〜20時
[休日]無休
[座席]カウンター5席、テラス席4席、計9席/全席禁煙/予約不可/カード不可
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

ひとりで入りやすい且つ旨い店

「あさりチャーハン」/みんみん

▲あさりチャーハン(スープ付) 720円

吉祥寺ハーモニカ横丁を代表する中華料理の名店。大きめサイズのジューシーな「餃子」(5個450円)が名物だが、あさりの身がたっぷり入った「あさりチャーハン」もファンの多い逸品。

創業40年以上という老舗の中華料理店!名物のあさりチャーハンは、パラパラのお米にあさりの身がどっさり入っています。具にあさりが入っているだけではなく、その旨味がしっかりとごはんに染み込んでいて、海鮮の香りもよく、食が進むこと間違いなし!
一番有名なのは「手作り餃子」で、もちもちの皮と、野菜たっぷりヘルシーな餡の甘みがやみつきになります。あさりチャーハンとセットでいただくのがおすすめ!
餃子は持ち帰りもできるので、お土産としてもいいですね。

■『みんみん』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
[TEL]0422-22-5015
[営業時間]11時~21時 ※ランチタイム有
[休日]木曜日

「極旨ミートソース」/スパ吉

▲極旨ミートソース 1000円

もちもちの自家製パスタを目当てに行列ができる。看板は20時間煮込む「極旨ミートソース」。
シチューのような濃厚さが赤ワイン(500円)とマッチ。

ひとりで入りやすいカウンターのみの「生パスタ」のお店。ランチは11時からで、日曜日も営業しているのも嬉しいポイント!
看板メニューは「ミートソース」。自家製のもっちりとしたパスタに、濃厚なミートソースがクセになる旨さで、ハマる人続出!粉チーズをかけるとさらに美味!
また、キムチが乗った「カルボナーラ」は、生クリーム不使用なのに濃厚で、ほんのり香る醤油がキムチと合います。
どのメニューも魅力的で、次回はこれを食べよう!と想像が膨らみ、また訪れたくなってしまうお店です。

■『スパ吉』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3
[TEL]0422-22-2227
[営業時間]11時~16時(LO)、18時~21時半(LO)、土・日・祝11時半LO ※ランチタイム有
[休日]水曜日

ゆっくりまったり過ごしたい時は

「自家製ブリオッシュのフレンチトースト」/チャイブレイク

▲自家製ブリオッシュのフレンチトースト 935円

▲オリジナルチャイ

紅茶専門店。紅茶に親しんでもらおうと始めたのがこの店で、ビギナーのためにこだわりのチャイを作り上げた。その淹れ方は水野さんが編み出した独特のスタイル。シェーカーを使って空気を含ませる姿はもはや職人芸だ。

気軽に紅茶を楽しんでもらいたいという思いから作られたこのお店では、静かな店内で紅茶やチャイを飲んでほっと一息。シナモンやナツメグなどのスパイスが入ったオリジナルチャイや、季節ごとの旬の紅茶が楽しめます。チャイの試作には30種類以上の牛乳を飲み比べたというこだわりからも、店主の紅茶への愛が感じられます。

フードはすべて自家製で、おすすめはこんがり焼いた「フレンチトースト」!中はふんわり、まわりはカリっ!東毛酪農のバターと武蔵野産のはちみつをかけると、やさしい甘さが広がります。2cmほどの厚みもあり、なかなかの食べ応えです。
野菜をたっぷり食べられるサラダランチもおすすめですよ。

▲『チャイブレイク』店内の様子

■『チャイブレイク』
[住所]東京都武蔵野市御殿山1-3-2
[TEL]0422-79-9071
[営業時間]9時(土曜日・日曜日・祝日:8時)~19時 ※ランチタイム有
[休日]火(火曜が祝祭日の時は翌日に振替)
[座席]カウンター7席、テーブル14席 計21席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅南口から徒歩5分

「おとなのお子様ランチ(ロゼランチ)」/喫茶ロゼ

▲ロゼランチ 800円

当初からほとんど変えていないというメニューは、洋食だけでなく、和定食や中華まで親しみやすい料理が揃う。
イチオシが型抜きされたご飯に、ハンバーグやスパゲッティを盛り込んだ「ロゼランチ」。遠い昔に食べたお子様ランチを思い出さずにはいられない。

どことなく懐かしい昭和の雰囲気の喫茶店。メニューは、肉汁たっぷりのハンバーグや、素朴な味が嬉しいオムライスなどがありますが、一番のおすすめは、ミニハンバーグも入った「大人のお子様ランチ」とも言うべき"ロゼランチ”でしょう!
スパゲッティ、ウインナー、シュウマイにさつま揚げと、てんこ盛りのワンプレートは、見た目からもテンションが上がります。男性でも大満足のボリュームで、お腹いっぱいになりますよ♪

▲『喫茶ロゼ』店内の様子

■『喫茶ロゼ』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 2階
[TEL]0422-21-7572 [営業時間]11時~21時(20時半LO) ※ランチタイム有
[休日]元旦
[座席]カウンター5席、テーブル席11席 計16席/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩4分

ちょっと贅沢にウナギを食べるなら

「うな重」/うなぎ 志乃ざき 吉祥寺店

▲上うな重 5100円

うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。

昭和12年に開店し、現在三代目だという歴史あるうなぎのお店です。鹿児島産の肉厚のうなぎを特級備長炭で焼き上げ、創業以来つぎ足してきた秘伝のタレで食べるうな重は超絶品!
「う巻き」は、玉子とダシの優しい風味とうなぎのバランスが絶妙で、お酒のおつまみとしてもおすすめです。
子連れの方にも嬉しい「お子様用のうな丼」もあるので、家族でも訪れたいですね!

▲『うなぎ 志乃ざき 吉祥寺店』店内の様子

■『うなぎ 志乃ざき 吉祥寺店』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町2-25-10
[TEL]0422-26-8839
[営業時間]12時~14時LO、17時~20時LO※ランチタイム有
[休日]水曜日・木曜日
[座席]カウンターあり、全23席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し300円別
[アクセス]京王井の頭線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩7分

終わりに

ここまで吉祥寺のおすすめランチをご紹介してきましたが、行きたいお店は見つかりましたか?是非訪れてみてください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
こどもの国やリス園などの遊び場が豊富にあり、おしゃれなお店や古着屋さんも立ち並ぶ【町田エリア】で、和食など人気ジャンルの注目のランチ情報を厳選してご紹介!気になる個室、子連れ、ひとりで入りやすい等の詳細も掲載!
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
305views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt