よし田(うなぎ/浅草橋)|鰻好きの私が、思い出すだけで垂涎してしまうほどお気に入りの店。

よし田(うなぎ/浅草橋)|鰻好きの私が、思い出すだけで垂涎してしまうほどお気に入りの店。

よし田では活きたまま仕入れる質の高い国産鰻を、注文後に割き始めるのが店主の信条だ。割きたて、蒸したて、焼きたての鰻重と、独創的な料理で贅沢な時を堪能してます。


よし田(最寄駅:浅草橋駅)

肉厚な身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけていく繊細な口当たりを堪能。戦後すぐの創業以来継ぎ足したタレは、キリリとした辛口のなかに奥深いコクがあり、脂ののった鰻の甘みを余すところなく引き出していて……もう絶品! でき上がりを待つ時間も心踊らせてくれるのが、同店ならではの魅力だ。上品なダシで煮込んだ淡い味つけのおでんを、カボス果汁を加えた自家製のポン酢で食す「御手運千里」や、素焼きした鰻を秘伝の合わせ味噌に漬け込んだ「よ多漬」など、ここでしか味わえない極上の肴でまずは一献。タレを絡めながら焼き上げる、鰻の芳しい香りが店内に漂ってきたら、お待ちかねの鰻重の登場だ! 

鰻重(上) 3456円

蓋をあけると食欲を刺激する香りが湯気と共にあふれ出し、身をふっくらと焼き上げる職人の技をしみじみと感じさせる

鰻たたき 3672円

こちらも珍しい鰻料理で、白焼きした身に白髪大根や、ミョウガ、大葉、アサツキなどの薬味をたっぷりのせ、二杯酢をかけて食す。さっぱりとした酸味と薬味の食感が鰻のコクをトコトン引き立てる

よ多漬 2808円

先代が考案したオリジナルの鰻料理。秘伝の合わせ味噌のまろやかな甘みが身にしっかりとしみ込み、濃厚なコクが増している。酒のアテにはモチロン、白飯と共に食すのもオススメだ

東京都のうなぎに関するグルメ記事はコチラ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca304

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

よし田

東京都台東区柳橋1-26-10 吉田ビル1階 [TEL]03-3851-7802 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・月・祝 [席]カウンター9席、小上がり6席×1卓、4席×1卓 計19席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR総武線浅草橋駅東口から徒歩2分

電話番号 03-3851-7802
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』

行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』

浅草橋のトンカツ店「とんかつ 藤芳」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。まずはそのまま食べてほしい。祖父が営んでいた精肉店でのレシピを元にしたコロッケは、口に含めば醤油がほんのりと香り、十分に美味なのだ。[住所]東京都台東区浅草橋1-11-4


女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。


人気炭火焼き店×人気ベーカリの豪快サンドイッチ!「SHIGERU KITCHEN」(サンドイッチ/浅草橋)

人気炭火焼き店×人気ベーカリの豪快サンドイッチ!「SHIGERU KITCHEN」(サンドイッチ/浅草橋)

近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。


90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング