MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

みや穂(魚介料理/大塚)|極上の魚介を惜しみなく使用した彩り鮮やかな刺身に酒盃が進む!

居酒屋の名店が軒を連ねるこの大塚界隈でも、とりわけウマい魚料理を出すみや穂、私の海鮮市場的な店がこちら。店主自ら築地市場に足を運び、確かな目利きで仕入れる魚は新鮮で質の高いものばかり。

みや穂(最寄駅:大塚駅)

ぜひ注文したいのが「鮮魚盛り合せ」で、上質な天然ものの刺身をひと切れずつ種類豊富に楽しませてくれる。日替わりの刺身には数種類の炙りネタも盛り込まれ、卓上に運んでから目の前で火を入れるので、香ばしい熱々をいただけるのも◎。

焼き鰤大根
1026円

脂ののったブリを丁寧に下処理してから、大根と共にじっくり4時間かけて炊き上げている。仕上げにグリルで炙って香ばしさをひき出す。割烹で長年腕を磨いた店主の細やかな仕事を感じられる逸品だ

鮮魚盛り合せ(ウニ入り)
1人前 2700円(写真は2人前)

この日はサバ、真鯛、赤貝、アイナメの焼き霜造り、本マグロ、バフンウニなど。写真奥のニシンの寿司と金目鯛は目の前で炙ってくれる

みや穂

東京都豊島区南大塚3-48-5 [TEL]03-3988-3577 [営業時間]18時~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、日は16時~21時半(フード20時半、ドリンク21時LO) [休日]月 [席]カウンター11席 テーブル10席 計21席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代756円別 [交通アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩3分

電話番号 03-3988-3577
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
更新: 2019-09-23 12:00:00
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2019-10-07 13:41:18
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
更新: 2019-05-13 14:01:08
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt