MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
江戸前の粋を感じる予約推奨の人気店(てんぷら/曙橋)※閉店

江戸前の粋を感じる予約推奨の人気店(てんぷら/曙橋)※閉店

築地の海老問屋で修業した先代がこの地に店を開いたのは、1973年。近隣住民や周辺で働くビジネスマンに愛される名店だ。ランチは行列ができるほどの人気で、味の良さはもちろん、低価格を実現している高いコスパも魅力のひとつ夜は単品や定食のほか、会席などコース料理もある。えび田[交]曙橋駅A4出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

【閉店】えび田
曙橋

名物の黒天丼は江戸前の粋を継ぐ。丼タレは車エビの頭や昆布、鰹、シイタケなどのダシがきいた甘み少なめでスッキリ、コクがある奥深い味わい。

名物 車海老天丼
2300円

名物 車海老天丼 2300円

車エビは20㎝を超える天然物を使用。サックリ揚げられた天ぷらは、40年来継ぎ足されたコク深いタレがたっぷりかかりクセになる味わい。昼夜で提供され価格は同じだが、ランチでは小鉢付き、夜には漬け物と味噌汁がグレードアップする

えびしゅうまい(5個)
860円

プリップリの食感が楽しめる「えびしゅうまい」。手作りにこだわる店主渾身の「えびしんじょ」は、2種類のエビ100
%のすり身で作られる

【閉店】えび田
曙橋

東京都新宿区四谷坂町6-20 ☎03-3353-2990 [営]11時半〜13時半LO、18時〜21時半LO、土・祝17時半〜21時半LO [休]日 [席]カウンター7席、4名×2卓、6名×1卓 計21席/ランチタイム禁煙/カード不可/予約可※ランチタイムは、車海老天丼3杯以上注文の場合、要予約/サなし、お通し代300円別 [交]都営新宿線曙橋駅A4出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3353-2990
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
高円寺をグルメライターが食べ歩いて見つけた「天すけ」!高円寺で結構な行列店だが、ここは辛抱して並びたい。回転が速いため、思いのほか早く入店できる。[アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分 ※ランチタイム有
これほど本格焼酎の奥深い魅力に惹かれる店にはなかなか出合えない。整然と並べられたそれは圧巻の約300種。
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt