MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ヴェヌス サウスインディアン ダイニング(カレー/錦糸町)|スパイスの香り高さと奥深いコクがあとを引く

ヴェヌス サウスインディアン ダイニング(カレー/錦糸町)|スパイスの香り高さと奥深いコクがあとを引く

錦糸町のヴェヌス サウスインディアン ダイニングでは、まずメニューの豊富さに釘付け。60種類を超える料理がB4程度の大きさにパウチされた紙にギューッと羅列され、なかなか衝撃的。

ヴェヌス サウスインディアン ダイニング(最寄駅:錦糸町駅)

なかでも絶品なのが「チキンウプカレー」。強過ぎずマイルドで食べやすく、それでいてスパイスの香り高さと奥深いコクがあと引く。 ビリヤニもまたスパイス感がいい。口に含むほどに噛むほどに、さまざまな香りが駆け巡る。ここのお米料理は見事に軽いのも特長。炒めご飯でもフワッパラッとしている。 これまでスパイス信奉者から引きも切らない人気店を築き上げた経歴を持つシェフ・ヴェヌゴパール氏がホテルで高級料理を作らず敢えて家庭料理を作るのも魅力だ。

チキンウプカレー
1000円

オーダー率No.1。

バスマティライス
400円

カレーの味を楽しむなら、インド米のバスマティライスをぜひ

チキンビリヤニ
1200円

注文を受けてからマサラ、チキンカレー、ライスなどを混ぜ合わせる。ヨーグルトベースで酸味があり、別皿もヨーグルト

ヴェヌス サウスインディアン ダイニング

東京都墨田区錦糸2-6-11 [TEL]03-6284-1711 [営業時間]11時~14時半、17時~22時(21時LO) ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]テーブル席28席 計28席/全席禁煙/予約夜のみ可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩3分

電話番号 03-6284-1711
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
更新: 2019-01-08 12:00:00
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
更新: 2018-12-19 12:00:00
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
更新: 2019-04-06 10:31:14
ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。
更新: 2018-12-16 18:00:00
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt