エリア: 愛知県

昭和へとタイムスリップ!”レトロな店が点在”名古屋編

昭和へとタイムスリップ!”レトロな店が点在”名古屋編

名古屋で昭和の面影を残す横丁や路地といえば、中区の大おおす須観音周辺や西区の円えんどうじ頓寺商店街、名古屋駅西の駅西銀座商店街など。店内に一歩足を踏み入れただけで昭和へとタイムスリップできる、名古屋の名店をご紹介します!


時が止まったままの店で時代に思いを馳せる

 名古屋で昭和の面影を残す横丁や路地といえば、中区の大おおす須観音周辺や西区の円えんどうじ頓寺商店街、名古屋駅西の駅西銀座商店街などが挙げられる。しかし、どのエリアも再開発が進み、年を追うごとに歴史のある建物が少なくなっている。

 その反面、近代的なビルが建ち並ぶ都心からすぐ近くに、まるで時間が止まったかのようにひっそりと佇む店がある。高たかおか岳の『とん八』や東大手の『山田屋』がまさにそれだ。

 店内に一歩足を踏み入れただけで昭和へとタイムスリップ。メニューも創業当時からほとんど変わっていない。『とん八』は味噌おでんと関かんとうに東煮、串かつ。

真っ黒な見た目からは想像できない、まろやかな味わいと深いコクのある味噌ダレ

手前から、味噌おでん(玉子、大根、牛すじ) 1本150円
串かつ 1本150円

「とん八」は昭和23年、名古屋市役所の近くに大衆食堂として開店。46年前に現在の場所へ移転し、味噌おでんの専門店に。真っ黒で濃厚そうな見た目だが、そのまろやかな味わいとのギャップに誰もが驚く。

とん八|真っ黒な見た目からは想像できないまろやかな味わいと深いコクのある味噌ダレ(居酒屋/高岳)

https://matomeshi.jp/articles/378

「とん八」は昭和23年、名古屋市役所の近くに大衆食堂として開店。46年前に現在の場所へ移転し、味噌おでんの専門店に。真っ黒で濃厚そうな見た目だが、そのまろやかな味わいとのギャップに誰もが驚く。[交]地下鉄桜通線高岳駅2番出口から徒歩10分 ※ランチタイム有



『山田屋』はきしめんとうどん、そば、丼物。

懐かしさいっぱいの空間で味わい深い麺と丼を堪能

昭和5年創業の麺類食堂。「きしめん」(奥、小盛330円)は、のど越しを重視して麺の厚みを薄めに仕上げた自家製麺を使用。「かつカレー丼」(手前、820円)は、宗太鰹のダシが香る麺類食堂ならではの一品だ。麺類とともに味わいたい。

山田屋|懐かしさいっぱいの空間で味わい深い麺と丼を堪能(食堂/東大手)

https://matomeshi.jp/articles/379

昭和5年創業の麺類食堂。「きしめん」(小盛330円)は、のど越しを重視して麺の厚みを薄めに仕上げた自家製麺を使用。「かつカレー丼」(820円)は、宗太鰹のダシが香る麺類食堂ならではの一品だ。麺類とともに味わいたい。山田屋[交]名鉄瀬戸線東大手駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

今、名古屋では従来の名古屋名物をアレンジした「新なごやめし」が注目を集めているが、逆に昔から名古屋の人々に親しまれてきた味のほうが新鮮に感じる。ただ、残念なのは夜の閉店時間が早いこと。その理由は単純だ。「翌日に出す料理の仕込みがあるから、どうしてもこの時間になってしまうんですよ」と、『とん八』の店主・彦坂泰朗さん。客の都合を店に求めない、というのが老舗の味を楽しむための流儀だろう。



 また、名古屋における昭和レトロで絶対に外せないのが、喫茶店。昭和30年代は喫茶店の黄金期といわれ、朝の時間帯にトーストや茹で卵などが飲み物に付くモーニングサービスが生まれたのもこの時期だ。

 市内には『洋菓子・喫茶 ボンボン 桜山店』をはじめ、昭和20年代から30年代にかけて開店した喫茶店が今もなお営業している。

昔ながらの甘いケーキと深煎りコーヒーでまったり

昭和35年に開店。東区泉にある本店から毎日運ばれる約20種類の洋菓子は、甘みがしっかりしているものの、後味はさっぱりしているのが特徴。なかでも生地にラム酒をたっぷりと染み込ませた「サバラン」(250円)が人気だ。

洋菓子・喫茶ボンボン|昔ながらの甘いケーキと深煎りコーヒーでまったり(ケーキ/桜山)

https://matomeshi.jp/articles/380

「洋菓子・喫茶ボンボン」は昭和35年に開店。東区泉にある本店から毎日運ばれる約20種類の洋菓子は、甘みがしっかりしているものの、後味はさっぱりしているのが特徴。なかでも生地にラム酒をたっぷりと染み込ませた「サバラン」(250円)が人気だ。[交]地下鉄桜通線桜山駅8番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

座り心地のよい年代もののソファに腰掛けて、分厚いカップに注がれたコーヒーや熱々の鉄板でいただくスパゲッティなどを楽しんでみてはいかがだろうか?

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


名古屋

関連する投稿


[玉丁本店]名物は本場の味、味噌煮込みうどん(郷土料理/東京駅)

[玉丁本店]名物は本場の味、味噌煮込みうどん(郷土料理/東京駅)

東京駅の[玉丁本店]の名物はもちろん本場の味を堪能できる味噌煮込みうどん。グツグツと音を立てる土鍋の中から現れるのは、厳選された小麦粉を水のみで打ち上げた自慢の極太麺だ。


名古屋にしかない!? “イタリアン割烹”|ヴェッキア ロマーナ ダ ヒヅメ(イタリアン/高岳)

名古屋にしかない!? “イタリアン割烹”|ヴェッキア ロマーナ ダ ヒヅメ(イタリアン/高岳)

 カウンターのショーケースに並ぶ食材を調理してくれる“イタリアン割烹”として、2017年4月に開店。夜はコース「Cena A」(5500円)が評判。


酒事と飯事 黄瀬戸(創作料理/丸の内)|小皿料理と日本酒で地元の味を堪能

酒事と飯事 黄瀬戸(創作料理/丸の内)|小皿料理と日本酒で地元の味を堪能

2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。


尾張地方の郷土料理「ひきずり鍋」に舌鼓|とり日和 今池店(鍋/今池)

尾張地方の郷土料理「ひきずり鍋」に舌鼓|とり日和 今池店(鍋/今池)

 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。


名古屋出張メシは「大甚 本店」で決まり!名古屋屈指の老舗居酒屋がここ。

名古屋出張メシは「大甚 本店」で決まり!名古屋屈指の老舗居酒屋がここ。

創業は明治40年。名古屋屈指の老舗居酒屋がここ。一枚板の大きなテーブルでは、相席した客同士が意気投合し、盃を傾け合うことも珍しくはないという。大甚 本店(居酒屋/伏見)


最新の投稿


目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

世の中の台湾フードブームは下火なのかもしれない。しかし吉祥寺は今がピークなんだよ! 都心より遅いんだよ(涙)。吉祥寺は武蔵野市だからね……。 そんなワケで、吉祥寺は、タピオカ・バブルなのである。タピオカミルクティー&台湾スイーツの店が、多すぎなんだよ! もう……! という状況である。


赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。


名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。


大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。


ランキング


>>総合人気ランキング