MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
老舗出身の店主が腕をふるう天ぷら専門店の「下町天丼 秋光」(天丼/浅草)

老舗出身の店主が腕をふるう天ぷら専門店の「下町天丼 秋光」(天丼/浅草)

ゴマ油の香り豊かな江戸前の天丼がいただける「下町天丼 秋光」。丼を埋め尽くす7尾のエビは、うち1尾がソフトシェルシュリンプで、店主の遊び心が光る。味と風味、食感のバランスが妙味だ。[交]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分、東京メトロ銀座線 田原町駅から徒歩5分 ※ランチタイム有

下町天丼 秋光(最寄駅:浅草駅)

海老天丼
2300円

下町天丼 秋光の関連記事

下町天丼 秋光

東京都台東区浅草1-26-5 ROX3G 1階 
[TEL]03-6231-7444 
[営業時間]10時半〜21時 ※ランチタイム有
[休日]無休 
[交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分、東京メトロ銀座線 田原町駅から徒歩5分

電話番号 03-6231-7444
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
更新: 2019-04-16 11:57:00
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
東京に数ある天ぷら店のなかでも、従来の概念を取り去り、常に新しい食材や手法に挑戦し続けている同店は、ミシュラン二ツ星連続獲得の超予約困難な店。店主・近藤文夫さんの天ぷらは、口に含んだ瞬間の香りの高さ、瑞々しさ、食感と、そのどれもが驚きの連続を食べ手に与える。
更新: 2018-02-13 11:40:35
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt