MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
饗 くろ㐂(ラーメン/秋葉原)|繊細かつ力強い塩スープ この美味しさは反則でしょ

饗 くろ㐂(ラーメン/秋葉原)|繊細かつ力強い塩スープ この美味しさは反則でしょ

甲州地どりなど3種の鶏や鴨・豚の背ガラ、たっぷりの野菜からとったスープに5種の塩からなる塩ダレをプラス。ひと口目はパワフルで後からじわじわ優しい旨みがこみ上げる。

饗 くろ㐂(最寄駅:秋葉原駅)

そのスープに、小麦香るコシの強い細麺がしなやかに絡み、箸が止まらないとはまさにこのこと。2種のチャーシューなど具も個性的で計算され尽くした一杯に毎回感激しきり!

味玉塩そば
1100円

スープ、麺、具のすべてが隙のない旨さ

あさり味噌そば
1000円

アサリダシが利いた複雑な旨みをもつ味噌スープにモチモチ平打ち麺が絶妙の相性。ピリッとした山椒もアクセント

饗 くろ㐂

東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館1階 [TEL]03-3863-7117 [営業時間]11時半~15時、18時~21時、水11時半~15時※麺、スープがなくなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、水の夜。金は鴨そば醤油専門の『紫 くろ㐂』として営業([営業時間]10時半~14時半、17時半~20時半) [席]カウンター8席、テーブル4席×1卓 計12席/予約不可/カード不可/全席禁煙/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅中央改札口より徒歩7分

電話番号 03-3863-7117
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
噛んだ瞬間に野菜の旨みが広がる“あおば餃子”とともに、ジューシーで肉の割合が6割以上という「一番焼餃子」が人気。これをちょっぴり辛い自家製味噌ダレでいただく。
ラーメン×かき氷のスタイルを業界に広めたパイオニア『ねいろ屋』が神保町に出店。瀬戸内界隈の厳選素材で作る無化調ラーメンと自家製シロップのかき氷を提供する。
都内でも指折りの人気ラーメン店に成長した。看板メニューは「鶏白湯SOBA」「煮干醤油SOBA」※ランチタイム有
博多豚骨で使用する麺と同程度の低加水麺でありながら、小麦が香るもちもち、つるつるの極上麺を開発。見目麗しいつけ麺で、その美味しさを魅せる。
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt