饗 くろ㐂(ラーメン/秋葉原)|繊細かつ力強い塩スープ この美味しさは反則でしょ

饗 くろ㐂(ラーメン/秋葉原)|繊細かつ力強い塩スープ この美味しさは反則でしょ

甲州地どりなど3種の鶏や鴨・豚の背ガラ、たっぷりの野菜からとったスープに5種の塩からなる塩ダレをプラス。ひと口目はパワフルで後からじわじわ優しい旨みがこみ上げる。


饗 くろ㐂(最寄駅:秋葉原駅)

そのスープに、小麦香るコシの強い細麺がしなやかに絡み、箸が止まらないとはまさにこのこと。2種のチャーシューなど具も個性的で計算され尽くした一杯に毎回感激しきり!

味玉塩そば 1100円

スープ、麺、具のすべてが隙のない旨さ

あさり味噌そば 1000円

アサリダシが利いた複雑な旨みをもつ味噌スープにモチモチ平打ち麺が絶妙の相性。ピリッとした山椒もアクセント

饗 くろ㐂

東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館1階 [TEL]03-3863-7117 [営業時間]11時半~15時、18時~21時、水11時半~15時※麺、スープがなくなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、水の夜。金は鴨そば醤油専門の『紫 くろ㐂』として営業([営業時間]10時半~14時半、17時半~20時半) [席]カウンター8席、テーブル4席×1卓 計12席/予約不可/カード不可/全席禁煙/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅中央改札口より徒歩7分

電話番号 03-3863-7117
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


1kgオーバーの肉三昧!秋葉原の『トゥッカーノ グリル』で身体中が肉パラダイス

1kgオーバーの肉三昧!秋葉原の『トゥッカーノ グリル』で身体中が肉パラダイス

トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店|ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。


ここにしかない!秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

ここにしかない!秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。


秋葉原の老舗天ぷら店土日限定ランチ「メガ盛り大名天丼」は迫力満点で絶品!

秋葉原の老舗天ぷら店土日限定ランチ「メガ盛り大名天丼」は迫力満点で絶品!

大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。


グルメライターおすすめ秋葉原で寿司ならココ!寿司4選!

グルメライターおすすめ秋葉原で寿司ならココ!寿司4選!

秋葉原エリアの寿司に関するグルメ記事と写真のページ。グルメライターが秋葉原の寿司店を食べ歩いて見つけた、コスパ抜群の寿司から駅直結ビルの絶品寿司店、人気回転寿司チェーンなど、秋葉原駅から徒歩5分以内のおすすめ寿司店をご紹介!


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング