この店の「たまごサンド」は特別な逸品だ。|天のや(サンドイッチ/麻布十番)

この店の「たまごサンド」は特別な逸品だ。|天のや(サンドイッチ/麻布十番)

私の好きな食べ物ベスト3に入るのが卵料理。中でも天のやの「たまごサンド」は特別な逸品だ。優しい風味のダシ巻き玉子が上品。手土産にも喜ばれます。


天のや(最寄駅:麻布十番駅)

食パンに挟まれているのはよくある茹で卵のじゃなく、関西風ダシ巻き玉子。パクッといけばふんわり優しい味で、後からいい感じでマスタードが利いたマヨネーズソースの刺激が追いかけてくる。ああ、幸せ。手作りが買えるのは麻布十番の店舗のみ。これだけを目的に電車を乗り継ぎ、向かうのだ。

たまごサンド(テイクアウト) 1180円 (店内食は1080円)

ダシ巻き玉子をたっぷり挟んだシンプルさがいい。昭和7年に大阪で創業した老舗甘味処が15年前に麻布十番に移転。予約電話はランチタイム以外で(前日までに要予約)

天のや

[住所]東京都港区麻布十番3-1-9 [TEL]03-5484-8117 [営業時間]12時~22時(昼~15時、夜18時半~22時) ※ランチタイム有 [休日]第2、4火、ほか不定休 [席]テーブル18~25席/昼は全席禁煙/夜は席予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-5484-8117
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ!三宿のパン屋さん『TOLO SAND HAUS』

あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ!三宿のパン屋さん『TOLO SAND HAUS』

あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ。2軒隣にある姉妹店『トロパンサンドハウス』のフィッシュバーガーは、昆布〆したアジフライがユニーク。


配合を見直しリニューアル!より美味しさを極めたパンは世田谷で食べられる!

配合を見直しリニューアル!より美味しさを極めたパンは世田谷で食べられる!

数々の名店でシェフ・ブーランジェを務めた志賀勝栄シェフの店『シニフィアン シニフィエ 世田谷本店』。オープンから11年目の2017年は定番商品の小麦の配合などを見直し、より美味しさを極めた味を提案している。


三宿『TOLOPAN TOKYO』のクロワッサンは、バターの香りが際立つ至高の逸品!

三宿『TOLOPAN TOKYO』のクロワッサンは、バターの香りが際立つ至高の逸品!

スペシャリテはクロワッサン。そのはかなげな層はハラハラと口の中で崩れ、バターのリッチな香りが際立つ至高の逸品だ。


パリの味を再現した本場仕込みのバゲットサンドが世田谷で食べられる!

パリの味を再現した本場仕込みのバゲットサンドが世田谷で食べられる!

ここは世田谷の小さなパリ。20代で渡仏して修業した『ブーランジュリー ボネダンヌ』店主の荻原さんが焼く本場仕込みの味が評判だ。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング