MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
北海道 留萌マルシェ|鮮度も見た目のインパクトも抜群の海鮮豪華丼(和食/品川)

北海道 留萌マルシェ|鮮度も見た目のインパクトも抜群の海鮮豪華丼(和食/品川)

「三ツ星エビ料理和食編」特集掲載店、品川「北海道 留萌マルシェ」の「増毛産甘海老大漁丼」は濃厚な味わいの甘エビがなんと20尾ものったランチ限定丼。[交]JR東海道本線 品川駅港南口より徒歩2分 ※ランチタイム有

北海道 留萌マルシェ(最寄駅:品川駅)

濃厚な味わいの甘エビがなんと20尾ものったランチ限定丼。北海道から生の状態で届くが、漁の状況により入荷しないこともあるので注意。夜は「甘海老のこぼれ盛り」(540円)もある。

増毛産甘海老大漁丼
1300円

北海道 留萌マルシェ

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1 [TEL]03-6718-2919 
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~23時(22時15分LO)、土12時~14時半(14時LO)、17時~22時(21時15分LO) ※ランチタイム有 [休日]日・祝
[交通アクセス]JR品川駅「港南口」徒歩2分。

電話番号 03-6718-2919
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
更新: 2018-12-04 16:34:55
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
更新: 2018-12-03 14:42:35
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
更新: 2018-06-15 11:51:52
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
更新: 2018-09-24 09:19:25
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
更新: 2018-06-12 20:00:00
最新の投稿
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt