MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
中納言|創業から65年を迎えた活伊勢海老料理の名店(伊勢海老料理/大森)

中納言|創業から65年を迎えた活伊勢海老料理の名店(伊勢海老料理/大森)

店内は全室個室で高級感あふれる。新鮮で大きな伊勢海老の天ぷらはサクッと揚げられ、深い味わいが楽しめる。昼は「陽」、夜は「若松」などコースが多彩だ。中納言 東京大森ベルポート店 (ちゅうなごん)[交]大森駅、大森海岸駅より徒歩5分、京浜急行バスNTT大森停留所徒歩1分 ※ランチタイム有

中納言(最寄駅:大森駅)

店内は全室個室で高級感あふれる。新鮮で大きな伊勢海老の天ぷらはサクッと揚げられ、深い味わいが楽しめる。昼は「陽」(4295円〜)、夜は「若松」(7340円)などコースが多彩だ。

伊勢海老御膳
2915円

中納言

■『中納言』
[住所]東京都品川区南大井6-26-2 大森ベルポートB館2階
[TEL]03-5471-4678
[営業時間]11時~22時半(21時半LO)、ランチは11時~16時半
[休日]年中無休(12/31、1/1〜1/3を除く)
[座席]90席
[アクセス]JR大森駅東口から徒歩3分

電話番号 03-5471-4678
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt