MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[広東料理 竹香] おすすめメニューのグルメ記事と写真(中華/祇園)

[広東料理 竹香] おすすめメニューのグルメ記事と写真(中華/祇園)

[広東料理 竹香]は祇園の一角にある広東料理店。初代が京都の修業先で覚えた「はるまき」は、自家製皮の中にあっさり味に炒めた細切りタケノコがギッシリ詰まった名物。[交通アクセス]京阪本線祇園四条駅8番出口から徒歩5分

広東料理 竹香(最寄駅:祇園四条駅)

祇園の真ん中で京都中華の流れを汲む名物はるまきを

口に入れるとシイタケの風味も広がる。同じ修業先から独立した店でも見られる棒状はるまきは、今や〝京都中華〟のひとつの系譜にも。一緒に食べたい「空心菜のいため」は、普段はあまり使わないニンニクを少量使って風味づけ。優しい塩味だから、ペロリといけるはずだ。他店の料理人から『また旨くなった』と評判の「やきめし」は少しずつ変わりながら進化し続ける注目の一品。訪れたらぜひ味わってほしい。

手前から/はるまき、空心菜のいため
864円、810円

客の8割が注文する「はるまき」。ほぼ全品お持ち帰りに対応し、店の味を宿泊先で楽しむ人も

蒸し豚、紹興酒
810円、810円

厚めに切った豚肉に醤油やラー油、ニンニクで作ったタレをかける

やきめし
756円

最近、グリンピースを取り除き、より米の食感を楽しめるようバージョンアップ

広東料理 竹香の店舗情報

京都府京都市東山区新橋通花見小路西入ル橋本町390 [TEL]075-561-1209 [営業時間]17時~21時(20時20分LO) [休日]火 [席]テーブル6席×1卓、4席×3卓 座敷4人席×3卓、小あがり6席×4卓、2階座敷63席 計117席/1階全席禁煙、2階喫煙可/カード不可/予約1階不可、2階可/サ1階なし、2階4000円以上(5名~)のコース注文からあり [交通アクセス]京阪本線祇園四条駅8番出口から徒歩5分

電話番号 075-561-1209
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。
更新: 2019-03-10 12:00:00
 看板料理を店名に掲げて2016年3月に中華街に登場。瞬く間に人気となり、2017年7月には新館もオープンした。
更新: 2019-03-11 16:14:30
 明治後期創業の老舗。名物は焼物で、人気の2品を一度に楽しむならチャーシュー&皮付き豚バラ肉の焼物で決まり。
更新: 2019-03-08 12:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt