MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
京都出張メシは「祇園 葵」で決まり!京都の夜はBarで〆!

京都出張メシは「祇園 葵」で決まり!京都の夜はBarで〆!

「広東料理 竹香」のすぐそば。祇園のど真ん中の町家造りに、気遅れするかもしれないが、一見さんでも安心して入れる。祇園 葵(バー/祇園)

祇園 葵(最寄駅:祇園四条駅)

おすすめはフルーツを使ったカクテル。イチゴやスイカ、柚子などフレッシュフルーツで作る一杯には男性ファンも多い。2名から1組だけで貸し切り可能な2階のお座敷もオススメだ。

イチゴの風味のノンアルコール
1500円

柚子を使ったカクテル
1500円

祇園 葵

京都府京都市東山区清本町371-2 巽橋下ル二軒目西側 [TEL]075-531-0870 [営業時間]18時~翌3時 [休日]日・祝 [席]カウンター9席、テーブル4席×1卓、2階座敷16席 計29席/喫煙可/カード可/予約可/チャージ1000円 座敷部屋代10000円 ※価格は全て税別 [交通アクセス]京阪本線祇園四条駅から徒歩5分

電話番号 075-531-0870
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-04-03 18:00:00
 2018年6月上旬、日本橋界隈がざわついた。あの『はせがわ酒店』が初の飲食併設店舗を福徳神社の裏にオープンさせたのだ。
更新: 2019-04-02 18:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt