MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。

魚の駅 生地(最寄駅:生地駅)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。本ズワイはもちろんのこと、近海の鮮魚も扱っており、人気スポットとなっている。

魚の駅 生地

富山県黒部市生地中区265 ☎0765-57-0192 [営]『とれたて館』9時~18時、『できたて館』11時~15時、17時~22時 [休]1月1日 [交]とやま鉄道生地駅から徒歩7分 クルマ:都内から東名~名神~北陸自動車道黒部I.C経由で約5時間半  

電話番号 0765-57-0192
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt