MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。

魚の駅 生地(最寄駅:生地駅)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。本ズワイはもちろんのこと、近海の鮮魚も扱っており、人気スポットとなっている。

魚の駅 生地

富山県黒部市生地中区265 ☎0765-57-0192 [営]『とれたて館』9時~18時、『できたて館』11時~15時、17時~22時 [休]1月1日 [交]とやま鉄道生地駅から徒歩7分 クルマ:都内から東名~名神~北陸自動車道黒部I.C経由で約5時間半  

電話番号 0765-57-0192
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt