MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
福岡出張メシは「柳町一刻堂 春吉店」で決まり!居酒屋越えの料理レベル!魚がとにかく美味!

福岡出張メシは「柳町一刻堂 春吉店」で決まり!居酒屋越えの料理レベル!魚がとにかく美味!

美味しい魚が食べたいなら、訪れてほしいのがここ。店主が県内の漁港や市場などをまわって仕入れた絶品の魚介類が味わえる。柳町一刻堂 春吉店(魚介料理/春吉)

柳町一刻堂 春吉店(最寄駅:南薬院駅)

居酒屋越えの料理レベルで、近海物の魚がとにかく美味!

 特に刺身の盛り合わせは見た目も美しく、色々な魚介を少しずつ、という要望にも応えてくれるのがありがたい。炙ったり、〆たりして引き出された魚の旨さは感動モノだ。だが、オススメは魚介に留まらないのがこの店の魅力。メニューには肉料理や野菜料理の他、もつ鍋、水炊き、アラ鍋など博多名物の鍋も勢揃い。もつ鍋以外は1人前から注文できるのも嬉しい。日本酒や焼酎も多彩に揃っているので楽しみが尽きない名店だ。

刺身盛合せ(写真は9点盛り2人前)、(奥)ごま鯖、日本酒(万齢)
3000円、1250円、1合900円

炙ったアラ(クエ)、鯨のウネなど。奥はゴマ鯖

いかしゅうまい
650円

九州では定番のイカしゅうまい。揚げダシで頂けば、皮にダシがしみて、イカの風味もしっかり

もつ鍋(写真は2人前)
2400円

もつ鍋は味噌か醤油の2種類から選べる。写真は醤油で、昆布やカツオダシの昔ながらのスープが味わえる

柳町一刻堂 春吉店

■『柳町一刻堂 春吉店』
[住所]福岡県福岡市中央区春吉3-15-30
[TEL]092-725-2215
[営業時間]18時~翌2時(翌1時半LO)
[休日]不定休
[座席]カウンター10席、個室テーブル4席×7卓、6席×2卓 計50席/完全分煙(禁煙席・喫煙席あり)/カード可/予約可/お通し代500円別
[アクセス]地下鉄七隈線南薬院駅から徒歩7分

電話番号 092-725-2215
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt