MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】酔っぱらい蟹など多彩な上海ガニ料理を堪能(広東料理/横浜中華街)

【閉店】酔っぱらい蟹など多彩な上海ガニ料理を堪能(広東料理/横浜中華街)

「六鳳居 (ロクホウキョ)」の看板メニューは「酔っぱらい蟹」。その名の通り、上海ガニを生きたまま紹興酒ベースの調味料に漬けたもの。酒と調味料により旨みがさらに熟成した身は甘みがあり、濃厚なミソは悶絶級の旨さだ。[交]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有

【閉店】六鳳居
横浜中華街

酔っぱらい蟹 1杯
3130円~

上海蟹を紹興酒に漬け込む期間は3週間以上。ときには2ヵ月以上漬けることもあるそう、濃厚なミソは悶絶級の旨さだ。

この他、定番の「蒸し蟹」(オス・メス1杯ずつ 4300円~)をはじめ、ぶつ切りのカニをネギや生姜と炒め、ミソと絡めたソースが絶品の「香味炒め」など、上海ガニ料理は全9種。酔っぱらい蟹は通年メニューだが、他は春節(中国の旧正月で2月頃)まで。上海ガニのコースも多数揃う。

上海蟹 香味炒め
1杯 3130円~

豪快にかぶりついて食べたい。上海ガニは、水質の安全な産地湖の活きガニを中国から空輸する

【閉店】六鳳居
横浜中華街

神奈川県横浜市中区山下町146 ☎045-681-0664 [営]11時半~15時半、17時~21時LO、土・日・祝11時~21時LO [休]木 [席]1階テーブル2席×2卓、4席×5卓、2階テーブル9席×2卓 計42席/全席禁煙(喫煙スペース有)/カード不可/上海ガニは予約が望ましい。席の予約は平日のみ可/サなし [交]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 045-681-0664
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。
JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt