エリア: 東京都

コスパ最高の天ぷら店、気軽に「天ぷら」東京 おすすめ 6選

コスパ最高の天ぷら店、気軽に「天ぷら」東京 おすすめ 6選

東京都内の天ぷら店をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。気軽に「天ぷら」に行けたら、うれしいですよね。今回は、一つひとつ丁寧に目の前で揚げてくれ、なおかつ懐に優しい店を中心に美味でお値うちな東京都内の天ぷら店を6店ご紹介。


魚ふじ(最寄駅:神保町駅)

『魚ふじ』の 盛り合わせの一部(巻えび、アスパラ、きす) 4000円

おまかせコースもあるが、目の前でひとつずつ揚げる「盛り合わせ」は粋な天ぷらひとり呑みに最適。季節の天ぷら6品を楽しめ、食事なしというのが呑ん兵衛にはちょうどいい。上質な油で揚げる天ぷらは素材の味と香りを引き出し、衣は薄く軽やかだ。興が乗ればこれに季節のタネをひとつ、ふたつ追加するのが最上の策だろう。 江戸前にこだわるタネは築地から。刺身用の鮪などもいいものが手に入るのは、河岸との長い付き合いの証という。

東京都千代田区神田小川町3-1-19 
[TEL]03-3291-5327 
[営]11時半~14時、17時~22時半(21時LO) 
[休]土・日・祝(土・祝は営業可、応相談) 
[席]カウンター10席、個室2室、計24席/喫煙可、予約時に応相談/予約可/カード可/夜サ10%、お通し代なし 
[交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩5分

魚ふじ(天ぷら/神保町)|素材をクリアに映し出した晴れやかな天ぷら

https://matomeshi.jp/articles/2102

神保町の路地に清潔な暖簾が翻る。こちらは現在の店主木口和浩さんで4代目となる老舗天ぷら店だ。※ランチタイム有

てんぷら 矢吹(最寄駅:高井戸駅)

『てんぷら 矢吹』の 梅の一部(穴子、ブロッコリー、海老、椎茸、かき揚げ丼、赤だし)4800円
「梅」には車エビ3尾、季節の旬の魚介4種、野菜4種の天ぷらが。この日の「梅」は写真のほかに、イカの大葉巻きも。締めにはかき揚げ丼と赤出し。ふっくらきつね色のかき揚げは思わず唸る旨さ

手早く丁寧な仕事は、見てても惚れ惚れ。「素材の味を引き出す蒸し料理だから、メリハリが大事」という天ぷらは、しっかり揚げるべきはしっかり、若めがいいものは軽めに仕上げる。ホタテやイカなどの魚介はしっかり甘みが出て、野菜はあくまでみずみずしい。締めには、これだけでもいただきたい、エビが贅沢に使われたかき揚げ丼。この内容にて「梅」4800円は、天ぷら界の良心というべきだ。

東京都杉並区高井戸東3-28-24 ドムス高井戸1階 
[TEL]03-3334-0070 
[営]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)
[休]水・木(祝営業) 
[席]カウンター12席、テーブル8席 全20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし 
[交]京王井の頭線高井戸駅から徒歩8分

てんぷら 矢吹|正統派天ぷらのブレない仕事で素材を味わう(天ぷら/高井戸)

https://matomeshi.jp/articles/2103

 落ち着いた趣のあるカウンターの中に立つご主人・矢吹恭一さんは、この道60年。『銀座天一』で20歳の時から揚げ場に立ち、こちらでも41年。※ランチタイム有

天婦羅 あら井(最寄駅:飯田橋駅)

『天婦羅 あら井』の 昼のおまかせコースの一部(れんこん、舞茸、小玉ねぎ、海老、穴子) 5000円

その名門が、本店近くにカジュアルなセカンド店『あら井』を開店した。2代目の新井均さんは「本物の天ぷらを若い人に知ってもらいたい。また若い人がこの街へ足を運ぶことで、神楽坂という花街で商売をさせていただいた恩返しになれば」と話す。 コースはサラダなどを取り入れ、時代を反映した食べやすい構成に。『天孝』で腕を磨いた職人が目の前で一つひとつ揚げてくれるのだから、この価格でいただけるのはうれしい限り。

東京都新宿区神楽坂4-8 神楽坂AGEビル B1階 
[TEL]03-3269-1441 
[営]12時~14時LO、17時~翌1時(24時LO)、21時以降アラカルト対応可 
[休]日・祝 
[席]カウンター12席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし 
[交]地下鉄東西線飯田橋駅B5出口から徒歩6分

天婦羅 あら井|老舗の天ぷらをカジュアルにいただく新店が登場(天ぷら/神楽坂)

https://matomeshi.jp/articles/2104

花街・神楽坂でお座敷天ぷらとして長年親しまれてきた『天孝』。初代は美食家に愛された神田猿楽町『天政』出身。※ランチタイム有

てんぷら 藤吉(最寄駅:浜田山駅)

『天婦羅 あら井』の 竹コースの一部(アスパラ、海老、ほたて貝) 5600円
「竹」コースは、定番を中心に魚介と旬の野菜が入って基本8品。この日はほかに、キス、銀杏、ハス、みょうがも。締めの天茶も美しい

「フォルムや色合い、順番も考えて」タイミングよく供される天ぷらは、素材のみずみずしさを活かして軽やか。繊細な甘みのエビ、ふわっと揚がった穴子、サクサクしたハスなど、見た目も食感も楽しませてくれる。間にお好みを挟むもよし。おダシと天ぷら、三つ葉の香りが相まった締めの天茶まで、飽くことなく楽しませてくれる。

東京都杉並区浜田山3-25-12 
[TEL]03-5930-0373 
[営]17時~22時(20時半まで入店可) 
[休]水、月1回木 
[席]カウンター8席、テーブル8席 全16席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し300円 
[交]京王井の頭線浜田山駅から徒歩3分

てんぷら 藤吉|色合いも美しく食感も楽しい軽やかな味わい(天ぷら/浜田山)

https://matomeshi.jp/articles/2105

 喧騒とは無縁の住宅街の一角。“食べること好きが高じて”18年前に始めたという店は、清潔感のある和の佇まいが心地いい。

車海老専科 天麩羅 手一束(最寄駅:新橋駅)

『車海老専科 天麩羅 手一束』の おまかせコースの一部(車海老、小鉢、さつまいも) 3000円

イカを食べて育ったという車エビは身が甘くプリッとした弾力が特徴。さらに「ヤワラ」と呼ばれる希少な脱皮直後の車エビもあり、別料金で味わえる。 ドリンクは持ち込みOK(1本1500円)という気安さ。高級なイメージのカウンター天ぷらだが、これなら思う存分飲んで食べても懐が痛まない。

東京都港区新橋5-5-5 1階 
[TEL]03-6721-5945 
[営]11時半~13時半、17時~21時半(20時半LO)
[休]日・祝 
[席]カウンター10席/全席禁煙/夜は予約可/カード可(JCB、ダイナース不可) /サなし、お通し代なし 
[交]JR新橋駅烏森出口から徒歩8分

車海老専科 天麩羅 手一束|天ぷらの千両役者車エビを思う存分味わう快楽(天ぷら/新橋)

https://matomeshi.jp/articles/2106

サイマキとは、寿司屋や天ぷら屋が好んで使う小ぶりなサイズの車エビ。高級食材だが、この店ではコースに追加すると1尾150円という原価で食べられる。※ランチタイム有

中目黒いぐち 上ル 麻布十番店(最寄駅:麻布十番駅)

『中目黒いぐち 上ル 麻布十番店』の 天ぷら・串揚げ おまかせコースの一部(車海老、江戸前穴子、野菜、冷製茶わん蒸し) 5378円
タレやレモン汁はスポイトで添えられている

名物のアミューズ「フォアグラのコロッケ」に始まり、この店お約束の「ひとくちカツサンド」、後半は串揚げなど、天ぷらだけに留まらずコースを通して飽きさせない。表には看板がなく、鉄の扉を開けると現れる隠れ家感も、連れて行く人を喜ばせるにくい演出となっている。

東京都港区麻布十番2-1-10 Azabu・You田中ビル3階 
[TEL]03-6453-6658 
[営]18時~24時 
[休]無休/カウンター8席、個室10席、計18席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%、お通し代なし 
[交]地下鉄大江戸線麻布十番駅4番出口から徒歩2分

中目黒いぐち 上ル|揚げ物で綴るスタイリッシュなコースが斬新(天ぷら/麻布十番)

https://matomeshi.jp/articles/2107

焼き鳥をガストロノミックなコースに仕立てた『中目黒いぐち』が新しくチャレンジするのは揚げ物。その名も“上ル”は、天ぷらと串揚げがテンポよく配置されたコースが新しい。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925


秋葉原の老舗天ぷら店土日限定ランチ「メガ盛り大名天丼」は迫力満点で絶品!

秋葉原の老舗天ぷら店土日限定ランチ「メガ盛り大名天丼」は迫力満点で絶品!

大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

愛をテーマとした蔵書は400冊。「セカンドキャリアを考えた時に、幅のある人になってほしい」と、ホストに本を読ませる様々な取り組みをしていたホストクラブ経営者・手塚マキ氏が、「ホストだけではなく、一般の人にも気軽に来てもらえるような、本屋とカフェを併設させたサロンを」とオープンさせた。


菊亭(丼/東京駅)のランチ「大海老天重」のグルメ記事

菊亭(丼/東京駅)のランチ「大海老天重」のグルメ記事

丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング