YAKITORI APOLLO(焼き鳥/門前仲町)|昼はカフェ、夜は焼鳥。門仲が誇る“二刀流店”

YAKITORI APOLLO(焼き鳥/門前仲町)|昼はカフェ、夜は焼鳥。門仲が誇る“二刀流店”

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。2012年にオープン。まるで横須賀のどぶ板通りを思わせるような外観かつ内装の中で、炭火で焼く絶品の焼鳥を楽しめる。


YAKITORI APOLLO(最寄駅:門前仲町駅)

炭の香りを生かすために、味付けは基本的には塩で提供。国産のブランド鶏を、強火に近づけて焼くことでふわっと焼き上げるという。特に白レバーは特大サイズ、とろけるような食感で必食だ。「ササミのポンティアック和え」もむっちりとした食感で、他ではあまり見かけないバドワイザーの生が進む。昼は一転、カフェとして営業し、これまたアメリカンな内装がしっくりくる。分厚くふんわり焼かれたホットケーキとハンドドリップコーヒーが提供され、コーヒーはテイクアウトも可能だ。

ツクネ、SOUL、ハツモト、モモ、白レバー 250円、230円、230円、250円、250円

ササミのポンティアック和え 500円

「ササミのポンティアック和え」はアメ車好きの店主がポン酢和えをもじったものなど、メニュー名もシャレが利いている。
焼鳥の注文は5本から。どれも大ぶりでボリュームがあるので、ある程度お腹を空かせて訪問しよう。希望すればタレ味も対応してくれる。

Hotcake 400円

丸型を使って焼き上げたホットケーキ。

Coffee Hot 350円

生ビール バドワイザー 520円

YAKITORI APOLLO

[住所]東京都江東区富岡1-24-12 [TEL]03-3642-0566 [営業時間]コーヒータイム12時~16時半、焼鳥タイム18時~23時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター10席 計10席/全席喫煙可/予約4名まで可/カード7000円以上可/サなし、お通し代300円 [交通アクセス]地下鉄東西線門前仲町駅2番出口から徒歩3分

電話番号 03-3642-0566
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


門前仲町で桃色断面の肉厚トンカツを食す!『洋食かつ 兎』

門前仲町で桃色断面の肉厚トンカツを食す!『洋食かつ 兎』

門前仲町の洋食店「洋食かつ 兎」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。洋食店だけど一番はとんかつ推し。看板はご覧の肉厚カツの面々だ。揚げ物が多いのは「家で作るのが大変だから。子連れママも気軽に来てほしくて」と店主。[住所]東京都江東区古石場3-11-25 [TEL]03-5875-8131


サクッ、ジュワッのとんかつをキレのある麦酒で流し込む!『巣鴨ときわ食堂』

サクッ、ジュワッのとんかつをキレのある麦酒で流し込む!『巣鴨ときわ食堂』

巣鴨の食堂「巣鴨ときわ食堂」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。巣鴨地蔵通りにて40年以上、「食事は楽しみ。美味しいものを毎日朝昼晩、手頃な価格で」(齊藤徳之代表)という思いが詰まった“食堂”だ。[住所]東京都豊島区巣鴨3-14-20


あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ!三宿のパン屋さん『TOLO SAND HAUS』

あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ!三宿のパン屋さん『TOLO SAND HAUS』

あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ。2軒隣にある姉妹店『トロパンサンドハウス』のフィッシュバーガーは、昆布〆したアジフライがユニーク。


シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)ーグルメ取材記事と写真

シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)ーグルメ取材記事と写真

シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。数々の名店でシェフ・ブーランジェを務めた志賀勝栄シェフの店『シニフィアン シニフィエ 世田谷本店』。定番商品の小麦の配合などを見直し、より美味しさを極めた味を提案している。[住所]東京都世田谷区下馬2-43-11 1階


三宿『TOLOPAN TOKYO』のクロワッサンは、バターの香りが際立つ至高の逸品!

三宿『TOLOPAN TOKYO』のクロワッサンは、バターの香りが際立つ至高の逸品!

スペシャリテはクロワッサン。そのはかなげな層はハラハラと口の中で崩れ、バターのリッチな香りが際立つ至高の逸品だ。


最新の投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。


珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

「新蕎麦あります」の看板に惹かれ暖簾をくぐれば、香り高くみずみずしい味わいが迎えてくれるこの季節。理想の蕎麦を追求する店主の情熱とこだわりを、直球で受け止めるなら何はともあれせいろに限るだろう。普段は取材拒否の名店から住宅街の隠れ家まで、すべて本誌初登場の極みのせいろ、とくとご堪能ください。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋めしの一つとして数えられるエビフライ。名古屋だけに何かしらのヒネリをくわえてあると思われがちだが、いたってフツー。全国で食べられているエビフライと何ら変わらない。ただ、どの店もやたらと大きさをウリにしている……。


勢いよくハミ出したサクサクしっとりロースカツを四ツ谷で堪能!

勢いよくハミ出したサクサクしっとりロースカツを四ツ谷で堪能!

卵の布団から勢いよくハミ出したロースカツ! 荒木町で60年続くとんかつ屋『とんかつ鈴新』の“かけカツ丼”だ。


ランキング


>>総合人気ランキング