MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
深川ワイナリー東京|昼は醸造所を見ながら試飲・販売、夜はワインバーとして堪能(ワインバー/門前仲町)

深川ワイナリー東京|昼は醸造所を見ながら試飲・販売、夜はワインバーとして堪能(ワインバー/門前仲町)

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。住宅街にオープンした地元密着型ワイナリー。都内で醸造タンクを眺めながらワインが飲める希少なスペースだ。

深川ワイナリー東京(最寄駅:門前仲町駅)

年間生産数は2万本、夏は国産ブドウ、冬はオーストラリア産のブドウを使い、ここで、造ったワインの試飲と販売、17時以降はワインと料理を楽しめるスペースとして営業している。醸造を担当するのは、醸造歴18年、無濾過ワインのエキスパートの上野浩輔さん。彼は通常のワイン造りの作業を行う他、夜はバーフロアにいるので、醸造に関する話を聞くこともできる。さらに本格的に醸造見学をしたい場合は、土・日・祝日に予約を。13時~と15時~の1日2回、醸造スペースでの説明や試飲サービスが受けられる。定員は各回20名まで。

ビーフストロガノフとバターライス
500円

料理は基本的にワンコイン。肉メインで、白、赤どちらにも合うようにシェフの岡澤さんがメニューを考案している

つくば鶏の自家製ガランティーナ
500円

山形産マスカットベリーA(赤)
無濾過20ml100円、40ml200円、60ml300円、小売ボトル2100円

17時までの試飲用グラス。写真は20ml。ワインは食べ物に合う辛口のものが多い。同じワインで無濾過と濾過の飲み比べもできる

深川ワイナリー東京

[住所]東京都江東区古石場1-4-10 高畠ビル1階 [TEL]03-5809-8058 [営業時間]月・火10時~18時、水~日・祝10時~22時(食事は17時~21時半LO) [席]カウンター9席 計9席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ200円別(17時~) [交通アクセス]都営大江戸線ほか門前仲町駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-5809-8058
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
創業から130年を経た『明治屋』が、昨年末に開業した新たな商業施設「京橋エドグラン」に、その長い歴史で初めてとなる直営ワインバーを出店した。4台の異なる温度帯のセラーでコンディションを徹底管理されたボトルは、フランス産を中心に約100種類。
中野エリアのワインバー「ワイン蔵 BANKAN」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。和の雰囲気の中で、真心あふれる料理と日本ワインを堪能するならここ。BANKAN=万感。日本ワインの魅力をもっと知ってもらいたい。
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
自然派ワインが流行りの昨今、代表の有沢さんが最も心掛けていること―それは種類の豊富さでも希少な銘柄の品揃えでもない、徹底した品質管理だ。そのために温度と湿度の細かい調整や、劣化の原因となる紫外線を99.9%カットできるガラスなど特殊な設備の大型ワインセラーを導入。※ランチタイム有
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt