ロットチェント(イタリアン/人形町)|シェフの思いが詰まった本場さながらの太麺パスタ

ロットチェント(イタリアン/人形町)|シェフの思いが詰まった本場さながらの太麺パスタ

人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!人気イタリアンのサローネグループによる初めてのオステリア。既存店がコース仕立てなのに対し、こちらはアラカルトのみのカジュアルさがウリだ。


ロットチェント(最寄駅:人形町駅・茅場町駅)

魅力は樋口シェフが修業したシチリアの味を追体験できることだろう。それもシェフの思い出の料理に独自の感性を加えて再構築したとあって、ひと皿にかけるこだわりとクオリティはさすが。製麺所「浅草開化楼」と共同開発した低加水率の生麺を使うパスタも名物で、太くコシがありながら歯切れ良い本場の食感を実現させている。風味豊かな麺と丁寧な仕込みから生まれるソースとの相性も抜群。それが手頃な値段で楽しめるとはうれし過ぎる!

パスタランチ(辛めのアラビアータ中太麺)自家製パンとドルチェ付き 1296円

ランチは中太麺のパスタメニューのみ。ソースは3種あり、写真は定番のアラビアータ。大盛無料

名物! たこジャガ 3024円

肉じゃがならぬ「タコじゃが」はムチッと柔らかいタコと、魚介の旨みがしみたジャガイモが美味。シチリアの海沿い地域の特産であるタコ料理をイメージした。生タコは真空パックにして100℃で4分加熱し、独特の食感を生み出している。
夜のみ提供する極太麺を使った「イカキモのラグー」は、イカとイカ肝を赤ワインで煮込んだソースが絶妙。30%以下の低加水率の麺はパツンと歯切れがいい。

イカキモのラグー極太麺 1944円

ゴルゴンゾーラのやみつきムース 864円

ロットチェント

東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル [TEL]03-6231-0831 [営業時間]11時半~13時半LO、17時半~22時LO ※ランチタイム有 [休日]日、第1・3月 [席]テーブル30席 計30席/全席禁煙/予約可/カード可/夜のみサ5% [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅7番出口から徒歩5分、地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩10分

電話番号 03-6231-0831
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


卵とご飯を混ぜて焼く茅場町の本格洋食店の「オムライス」

卵とご飯を混ぜて焼く茅場町の本格洋食店の「オムライス」

にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。


ももにせせり、ハツ、そぼろまで!玉手箱のような「親子丼」

ももにせせり、ハツ、そぼろまで!玉手箱のような「親子丼」

『人形町 花』(焼き鳥・鶏料理/人形町)|竜宮城の玉手箱ならぬ、こちらはゴロゴロと大きい鹿児島産「赤鶏さつま」と、京都丹波の艶やかな卵が織り成す美味の玉手箱。蓋を開ければ好々爺みたく目尻が下がる至福の瞬間、見ればももに首肉のせせり、ハツ、そぼろまで入っている。


『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。


[獣肉と酒 ぼんくら]おすすめ鍋のグルメ記事と写真(居酒屋/人形町)

[獣肉と酒 ぼんくら]おすすめ鍋のグルメ記事と写真(居酒屋/人形町)

人形町エリアの「獣肉と酒 ぼんくら」の「島根の猪と秋田のせり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。日本では古くから獣肉を食べる文化がある。そんな山の幸を「もっと身近に味わって欲しい」と店主は気軽な居酒屋スタイルを貫く。


名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

新川デリー(カレー/茅場町)|この店の「カシミール」の妙はバランス。上野デリーの激辛に慣れた口にはマイルドに感じるかもしれないが、味のベースを決める玉ネギの炒め具合、スパイスの配合やブイヨンに至るまで、すべてに丹念な仕事が施されている。


最新の投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


ランキング


>>総合人気ランキング