MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
NIHONBASHI BREWERY.(イタリアン/人形町)|ここでしか味わえない日本橋限定のクラフトビール

NIHONBASHI BREWERY.(イタリアン/人形町)|ここでしか味わえない日本橋限定のクラフトビール

人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!ぜひ試してほしいのが、米国で定評あるポートランドのオーガニックブルワリーがこの店のためにレシピを考案したというクラフトビール「NIHONBASHI IPA」。心地よい苦みとフルーティなテイストはどんなつまみにも合う傑作だ。

NIHONBASHI BREWERY.(最寄駅:人形町駅・馬喰横山駅)

そんな自社製品を看板に国内外のクラフトを揃え、朝採れの三浦野菜など食材を厳選した料理と共に提供してくれる。全粒粉を打ち粉に使って香ばしさを際立たせたピザや、30㎝はあろうかという自家製ソーセージなど、ダイナミックでリーズナブルな味わいにも感動。来年には界隈でビール造りができるよう準備中だそうで、“メイドイン日本橋”ビールも待ち遠しい。

オクラと大葉のジェノベーゼピザ
1180円

約350℃の窯で焼くピザは生地の打ち粉に全粒粉を使い、独特の風味と食感になっている。大葉を使ったジェノベーゼにオクラをトッピングして和のテイストをプラス。
岩中豚のソーセージは特注の極粗挽き肉を使った自家製。目を見張る大きさに思わず歓声が上がる。
定番のポテサラは半熟玉子が丸ごと1個のる。

岩中豚の手締めソーセージ
1180円

とろけるポテサラ
580円

NIHONBASHI IPA
980円

ラザニア(昼・おかわり自由の前菜と野菜ジュース付き)
1150円

ラザニアはランチ限定。パスタの層の間には三浦野菜がゴロゴロ入ったトマト煮込みのソースがたっぷり

NIHONBASHI BREWERY.

[住所]東京都中央区日本橋富沢町10-13 &WORK NIHONBASHI 1階
[TEL]03-6231-0226
[営業時間]11時半~23時(ランチ14時LO、夜メニューは17時~)、日11時半~22時(21時LO) ※ランチタイム有
[休日]不定休
[座席]カウンター16席、テーブル26席 計42席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、夜と土・日・祝の14時からチャージ350円別
[アクセス]都営新宿線馬喰横山駅A3出口から徒歩5分、都営浅草線ほか人形町駅A4出口から徒歩10分

電話番号 03-6231-0226
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt