MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
食通も唸る予約必至の日本橋の注目店|日本橋 蕎ノ字(そば/人形町)

食通も唸る予約必至の日本橋の注目店|日本橋 蕎ノ字(そば/人形町)

人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!「天ぷら食って蕎麦で〆る」。このコンセプトを掲げて静岡県島田市の名店が人形町に移転。

日本橋 蕎ノ字(最寄駅:人形町駅)

店主は老舗蕎麦屋の息子で、天ぷらを追求するため日本料理店でも修業した実力派だ。薄衣でサクッと揚げたその技は素晴らしく、食材は静岡産を主に使うなど郷土愛があふれている。のど越し爽やかでエレガントなコシの二八蕎麦で〆ればもう最高。贅沢なランチにぜひ。

昼の部おまかせ天ぷら〆の手打ち蕎麦
7900円

メニューはコースのみ。昼の部の天ぷらは8品。静岡産の太刀魚や野菜など店主の故郷の食材が多い。ほかに車エビや穴子など上質な味が揃う

〆は石臼挽きの蕎麦粉を使う細打ちの蕎麦。若干粗挽きでしなやかなコシだ。温蕎麦も選べる

日本橋 蕎ノ字

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-22-11
[TEL]03-5643-1566
[営業時間]12時分~14時、18時半~21時
[休日]月曜日、第2・3日曜日、不定休
[座席]カウンター8席 計8席/全席禁煙/予約可/1万円以上カード可/夜のみサ5%、昼の部4100円コースのみアルコール注文時はお通し648円別
[交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A1出口から徒歩1分

電話番号 03-5643-1566
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
更新: 2019-05-20 13:17:24
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
更新: 2019-03-05 18:00:00
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
更新: 2019-02-16 12:00:00
この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。
更新: 2019-02-15 12:00:00
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt