MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】トンカツ店のほっこり絶品サンド|ボントン(トンカツ/人形町)

【閉店】トンカツ店のほっこり絶品サンド|ボントン(トンカツ/人形町)

下町うまいもん散歩 人形町特集掲載店。トンカツとカツサンドの専門店として創業。明治座など劇場が近いことから差し入れとして役者らにも贔屓にされた。

※閉店※ボントン(最寄駅:人形町駅・水天宮前駅)

現在は生姜焼きなど洋食メニューもあり、そのほとんどが持ち帰りできるそう。カツサンドはロース肉を叩いて柔らかくし、ラード100%で揚げた人気の品。粗めの自家製生パン粉の口当たりもいい。

組み合わせサンド
1400円

カツ、玉子、キュウリのサンド。サンド用のカツは食パンの白い部分のみを店で細かくした生パン粉を使う。

※閉店※ボントン

東京都中央区日本橋蛎殻町2-15-2 [TEL]03-3666-7410 [営業時間]11時半~14時、17時半~21時(20時半LO)、土11時半~14時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅5番出口から徒歩2分

電話番号 03-3666-7410
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「Dobro(ドブロ)」は日本で唯一のクロアチア料理専門店として、2003年にオープンした。その前年に行われた日韓ワールドカップの際、当時ホテル勤務をしていたオーナーがクロアチアサッカーチームの受け入れを担当したことが開業のきっかけだ。
2017年で創業37年になる有楽町ガード下の老舗。ドイツの「ホフブロイ・ミュンヘン醸造所」の樽生が本場さながらの雰囲気で味わえる。
アポロはオーストラリア・シドニーで2012年にオープン後、現地の食通たちを虜にし、数々の賞を受賞しているギリシャレストランが「東急プラザ銀座」の最上階に海外初出店した。
「ソフィア」は大使館公認で、大使主催のパーティも行われる、ブルガリア料理の専門店。ブルガリアと聞いて、日本人がまずイメージするのがヨーグルトだろう。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
306views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt