MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大和家(天丼/柴又)|香るごま油、濃厚な天ツユこれぞ江戸前天丼の粋

大和家(天丼/柴又)|香るごま油、濃厚な天ツユこれぞ江戸前天丼の粋

下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。

大和家(最寄駅:柴又駅)

エビ天が増える上天丼は1620円。ジックリと味の染み込んだおでんで一杯やるのもいい。

天丼
998円

おでん
540円

食べ歩き用はないが、タップリとのったアンコが甘いもの好きを悩殺。16個入り600円

大和家

東京都葛飾区柴又7-7-4 [TEL]03-3657-6492 [営業時間]9時~17時(飲食は11時~16時) ※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩2分

電話番号 03-3657-6492
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
更新: 2018-11-03 09:13:30
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
更新: 2018-10-17 12:00:00
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
更新: 2018-12-03 14:20:16
期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。
更新: 2018-04-17 07:00:00
元々は、天神にあった「友楽寿司」がランチとして提供していたかつ丼。大人気により、専門店を開いたのが始まりだ。かつ丼 友楽(丼/薬院)
更新: 2018-03-01 08:58:02
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt