MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
船橋屋 柴又帝釈天参道店|名物のくず餅はもちろん食事も堪能できる店(カフェ/柴又)

船橋屋 柴又帝釈天参道店|名物のくず餅はもちろん食事も堪能できる店(カフェ/柴又)

下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。亀戸天神近くのくず餅の老舗『船橋屋』の柴又支店。名物・くず餅など甘味をいただきつつ、散策で疲れた足を休めるのもいいが、お雑煮や昼のみ提供(平日14時LO、土日祝15時LO)のくず餅もセットになった数種あるにゅうめんでお腹を満たすのも◎。

船橋屋 柴又帝釈天参道店(最寄駅:柴又駅)

玉子雑煮
775円

船橋屋 柴又帝釈天参道店

[住所]東京都葛飾区柴又7-6-1
[TEL]03-5693-2784
[営業時間]お土産販売9時~18時 飲食/11時半~16時半(16時LO)、土・日・祝~17時(16時半LO) ※ランチタイム有
[休日]無休

電話番号 03-5693-2784
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
スキー場として有名な湯沢高原だが、オフシーズンも大賑わいだ。展望のいいウッドデッキと『雲の上のカフェ』が昨年オープン。
山頂駅の2階にある『志賀高原クランペットカフェ』へ。暖炉に大きなソファ、サッカーゲームまであり、イギリスの家庭に招かれたかのようだ。
地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。
広い店内にはゆったりしたソファや夕焼けが一望できるカウンター席も。雲型のマシュマロを浮かべたコーヒーや、サンセットをイメージしたスカイソーダが見た目にも美しく、料理も地元名産のネマガリダケなどを使った雲海パイ包みスープや、季節の食材を取り入れたペペロンチーノ(現在はキノコを使用)など素材にもこだわっている。
『2612Cafe』は、若いスタッフが中心となって昨年、おしゃれにオープン。スモークした信州サーモンを挟んだクロワッサンやジューシーなすずらんハウスのソーセージを使ったホットドッグなど、こちらも品質や味にはこだわり、地元の食材をふんだんに使っている。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
306views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt