MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー(フレンチ/日の出)

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー(フレンチ/日の出)

東京湾の食事付きクルーズでオススメが、このシンフォニークルーズだ。船内はラグジュアリーな設えで、非日常感もたっぷり。

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー(最寄駅:日の出駅)

食事充実のクルーズ! 4月から寿司カウンターも登場

食事は船内のギャレーで全て調理しているため、出来立てを味わえる。ランチクルーズは写真のフレンチコース「ラ・メール」の他にも「展望サンドイッチセット」(3800円)や、「バイキング」(5800円)など、値段や目的に合わせた様々なプランを用意。さらに今月から寿司カウンターをオープンした。職人が握る本格江戸前寿司や、海鮮を盛り込んだちらし寿司を東京湾の絶景と共に堪能できる(要予約)。

ラ・メール
6200円 こども(小学生)2割引

メインは肉・魚料理からチョイスできる。写真のメインは牛肉のパテと鶏肉のカネロニ仕立て(a)。コースには他にブイヨンスープ(b)、魚介のマリネ(c)、デザート(d)などが付く

ランチクルーズは11時50分~14時。4月からは寿司もメニューに

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー

[乗船場所]日の出ふ頭シンフォニー乗り場 [予約][TEL]03-3798-8101(シンフォニー予約センター〈10時~19時半〉) [詳細]HP http://www.symphony-cruise.co.jp [コース紹介]日の出ふ頭~レインボーブリッジ~お台場~中央防波堤~東京ゲートブリッジ~羽田空港沖~日の出ふ頭

電話番号 03-3798-8101
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt