MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー(フレンチ/日の出)

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー(フレンチ/日の出)

東京湾の食事付きクルーズでオススメが、このシンフォニークルーズだ。船内はラグジュアリーな設えで、非日常感もたっぷり。

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー(最寄駅:日の出駅)

食事充実のクルーズ! 4月から寿司カウンターも登場

食事は船内のギャレーで全て調理しているため、出来立てを味わえる。ランチクルーズは写真のフレンチコース「ラ・メール」の他にも「展望サンドイッチセット」(3800円)や、「バイキング」(5800円)など、値段や目的に合わせた様々なプランを用意。さらに今月から寿司カウンターをオープンした。職人が握る本格江戸前寿司や、海鮮を盛り込んだちらし寿司を東京湾の絶景と共に堪能できる(要予約)。

ラ・メール
6200円 こども(小学生)2割引

メインは肉・魚料理からチョイスできる。写真のメインは牛肉のパテと鶏肉のカネロニ仕立て(a)。コースには他にブイヨンスープ(b)、魚介のマリネ(c)、デザート(d)などが付く

ランチクルーズは11時50分~14時。4月からは寿司もメニューに

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー

[乗船場所]日の出ふ頭シンフォニー乗り場 [予約][TEL]03-3798-8101(シンフォニー予約センター〈10時~19時半〉) [詳細]HP http://www.symphony-cruise.co.jp [コース紹介]日の出ふ頭~レインボーブリッジ~お台場~中央防波堤~東京ゲートブリッジ~羽田空港沖~日の出ふ頭

電話番号 03-3798-8101
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
更新: 2019-09-02 12:00:00
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
更新: 2019-09-25 16:10:14
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
更新: 2019-08-01 12:00:00
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
更新: 2019-09-27 15:47:14
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-10-01 13:52:24
最新の投稿
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
更新: 2019-10-15 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt