麺 みつヰ(ラーメン/浅草)|極上淡麗醤油スープにしなやかな細麺が絡む

麺 みつヰ(ラーメン/浅草)|極上淡麗醤油スープにしなやかな細麺が絡む

2016年12月11日オープンの新星。ラーメンは醤油、塩、おろしそば(冷)の3種類で、醤油と塩は細麺か中太手もみ麺を選ぶスタイル。


麺 みつヰ(最寄駅:浅草駅・田原町駅)

醤油のスープは鶏をメインに魚介を加えたアッサリ清湯系。穏やかな中にコクが潜み、レンゲが止まらぬ旨さだ。小麦が香るしなやかな自家製細麺との相性も抜群だ。

醤油(細麺)+味玉 750円+100円

しっとりしたロースと柔らかなバラ肉の2種のチャーシューも激旨。メンマのほかにレンコンが入るのも独特

麺 みつヰ

東京都台東区西浅草2-10-4あけぼのビル1B [TEL]非公開 [営業時間]11時~14時半、17時半~21時、日・祝11時~16時 ※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合は営業、翌火休み)

電話番号 非公開
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


蕎亭 大黒屋(そば/浅草)|蕎麦の香り弾ける“粗挽き”そばがき

蕎亭 大黒屋(そば/浅草)|蕎麦の香り弾ける“粗挽き”そばがき

浅草エリアのそば屋「蕎亭 大黒屋」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。名物の粗挽きそばがきに使うのは妙高山麓で昔から栽培されてきた希少な「こそば」。それを主人の菅野成雄さんが自ら目立てした石臼で挽き、美味しさを最大限に引き出している。[交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩9分


浅草でランチはココ!十八番の「カニ玉丼」(中華料理/浅草)

浅草でランチはココ!十八番の「カニ玉丼」(中華料理/浅草)

 使い込まれた赤いカウンターにこぢんまりしたテーブル席。昔ながらの町中華の佇まいが落ち着く。


フルーツパーラーゴトー(喫茶店/浅草)-人気は王道のフルーツパフェ

フルーツパーラーゴトー(喫茶店/浅草)-人気は王道のフルーツパフェ

浅草の喫茶店「フルーツパーラーゴトー」のパフェに関するグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。食べる前から心がキュンとするような、色とりどりのフルーツをあしらったキュートなパフェ。旬の果物を使った常時7~9種類の味わいの中でも、一番人気は王道のフルーツパフェだ。[住所]東京都台東区浅草2-15-4


浅草を代表する老舗喫茶店で自家焙煎コーヒーとイギリスパンのサンドイッチ|ローヤル珈琲店(喫茶店/浅草)

浅草を代表する老舗喫茶店で自家焙煎コーヒーとイギリスパンのサンドイッチ|ローヤル珈琲店(喫茶店/浅草)

1962年創業の浅草を代表する喫茶店だ。当時の面影を残す豪奢な造りの店内でいただくのはサンドイッチ。


合羽橋酒のサンワ(バー/浅草)-2種類の日本酒がワンコイン!|

合羽橋酒のサンワ(バー/浅草)-2種類の日本酒がワンコイン!|

下町うまいもん散歩 合羽橋~西浅草特集掲載店。全国から厳選した日本酒と焼酎の専門店。奥のバーカウンターでは日本酒の試飲もでき、なんと2種類が500円のワンコインで楽しめるのだ。[住所]東京都台東区松が谷3-17-11


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング