ふで春(日本料理/駒込)|目・舌・お腹・お財布、全てに満足

ふで春(日本料理/駒込)|目・舌・お腹・お財布、全てに満足

下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。ふぐ料理など本格割烹料理を手ごろな価格で提供。2800円から6000円のコースまで選べ、器・味・量ととにかく満足。


ふで春(最寄駅:駒込駅)

写真は3800円のコースの先付・向付から。予約してからの来店が確実。

駒込グルメ情報

ふで春

東京都北区西ケ原1-1-2 101 第2霜勘ビル 1階 [TEL]03-3917-5600 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]日・祝 [席]テーブル18席 カウンター5席 計33席/禁煙席なし/予約可/カード不可/サ無し [交通アクセス]JR駒込駅東口から徒歩4分

電話番号 03-3917-5600
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


職人技が光る!拍手喝采の【彩り豊かなちらし寿司】!『銀座 鮨 おじま』

職人技が光る!拍手喝采の【彩り豊かなちらし寿司】!『銀座 鮨 おじま』

若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。


必食!一流ネタをふんだんに味わえる「生チラシ」!代々木八幡『橘すし』

必食!一流ネタをふんだんに味わえる「生チラシ」!代々木八幡『橘すし』

艶やかかつ豪華にネタが並び、見た瞬間に顔がほころぶこと間違いなしの「創作 生ちらし」。こちらはもともと「お客さんに何か恩返しがしたい」という気持ちから生まれた、おなじみさんへの裏メニューだったそうだ。


キュンとときめく華麗な【ちらし寿司】!駒込『寿司 髙はし』

キュンとときめく華麗な【ちらし寿司】!駒込『寿司 髙はし』

なんと心華やぐちらし寿司だろう。寿司飯の上にはさいの目に切った玉子焼きとマグロが散りばめられ、さらにその上を江戸前の仕事を施した小肌や金目鯛など極上の旬のネタが覆い尽くす。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


最新の投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


ランキング


>>総合人気ランキング